思うこと

  1. 仕事をしながら旅をして私が伝えたいことは「人生をあきらめないで」ということ。

    今年の年頭に「仕事で県外へ旅ができるように!」と願った。というよりも、そうできるように動こうと自分で決めた感覚に近い。そうして、今年は以下の場所で仕事をしながら旅ができた。3月福岡(博多)にてセルフマガジン講座ならびにブログ講座を開催。

    続きを読む
  2. 占いを有効活用したいなら、自分なりの意見・意識をもって占い師の扉を叩こう。

    年末年始になると、「来年の私」を占ってほしくて占いに走る人も少なくない。かくいう私も占いは好きだけれども、といってもやたらめったら占いに行くということは激減。長年の占い人生(笑)のなかで、占いのセッションをしてもらうときに、ひとつおススメしたいことがある。

    続きを読む
  3. 一般人の私を“セルフブランディング”していくのは、プロモーターとしての私自身。

    “セルフブランディング”という言葉は、以前の私にとってどこかキラキラ感が強すぎた。「キラキラ」とか「すぐに7ケタ稼げます!」というような人たちのための言葉のように感じていた。“ブランド”という言葉がそれを想像させてしまうのかもしれないが…。

    続きを読む
  4. オーストラリアの“クリスマス”は家族で祝い、皆が素直になって交流を深める大切な日。

    シドニーに住んでいた頃、最初の1年はオーストラリア人の家庭にお世話になっていた。両親と20歳ぐらいの長女を頭に6人の子供がいるごく典型的な家族だった。

    続きを読む
  5. 「そういうの興味がなくなりました」と自ら宣言する人ほど、実は未練たらたら“かまってちゃん”。

    「私ね、もうあのことには興味がなくなったから」と、こちらが尋ねてもいないのに勝手に宣言する人がいる。それは興味がなくなったのではなく、興味をもたないようにすることを決めた程度であって、実のところ興味ありありの状態である場合が多い。

    続きを読む
  6. お客さんに同業他者の悪口を言っていませんか? お客さんはせっかくあなたを選んでやってきているのに。

    例えば、何らかのセッションを受けるとき、そのカウンセラーが同業者の悪口を言うときがある。その必要がどこにあるのか?と、そういう話を聞くたびに思う。客がカウンセラーに「Aさん(別のカウンセラー)ってどうなんですか?」と尋ねて、カウンセラーがAさんについて私感を述べる場合。

    続きを読む
  7. 「来年は今年とは違うことにチャレンジ!」って、つい仕事だけの計画を立てていませんか?

    この2年の間、「前年とは違うことにチャレンジしよう」ということをモットーに過ごしてきた。「一昨年と昨年」「昨年と今年」、それぞれに前年にはしていないことにトライすることを自分に課していた。そうしないと、もたもたと足踏みをしてしまいそうだったから。

    続きを読む
  8. 誰かと組んでやる前に「これは私だけでもできることでは?」と自分自身に問いかけを!

    自分が何をやりたいのかわからない。何か得意なことがあっても、それをどう生かしたらいいのかわからない。そういうことを考えて迷いながらあちこちへふらふらとしている人も多い。以前の私もそうだった。そして同じような人たちとつるむことで、そのどうしようもなさを紛らわせていた。

    続きを読む
  9. あなたは自分の仕事を簡潔に他人に説明できますか?

    初めて会う人たちがたくさんいる交流会等参加するときは、自己紹介だけでなく、自分の仕事についてわかりやすく簡単に話せるぐらいの準備は必要だ。

    続きを読む
  10. 「はじめまして」の挨拶もできない人が、信用第一の仕事ができるとは思えない。

    FACEBOOKやインスタグラムで友達関係になっていて、そこからの流れでリアルに初めて会う場合。お互いに最初はできれば自分と同じような距離感からスタートするほうが私は安心する。しかし、この距離感をどーんと乗り越えて、ズカズカとパーソナルスペースに入ってくる人がいる。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る