エンディングノートについて

  1. 高額なモノは誰に譲るか書き残しておくに限る!

    皆さん、高価なものを所持していませんか?といきなりの唐突な質問ですが(笑)。女性だったら宝石や着物、毛皮、バッグなどがすぐイメージできるかと。それ以外に家具や絵画、彫刻、壺、骨董など、まあ、あれこれあります。

    続きを読む
  2. 満席御礼【2021/3/30(火)ZOOM】実際に書く2時間!私のエンディングノート入門講座開催

    ※この講座は満席になりましたので 申込を締め切らせていただきます。エンディングノート講座に興味のある方は 以下からお気軽に開催リクエストをどうぞ。リクエストくださった方の負担にならないような流れになっています。

    続きを読む
  3. 夢や希望を“書くこと”で夢が実現するってホント?!

    書けば叶っていく。と実感した出来事があります。私が講座で使っているエンディングノートには「これから行きたい場所」を書くページがあるのです。6年前に画像のように自分が行きたい場所を書いていました。

    続きを読む
  4. 親に「終活をしてほしい」と思っているあなたへ。

    「うちの親にも終活をしてほしいんですけどね…」というお話をよく耳にします。私が終活カウンセラーだからというのもあるのですが…。皆さんはいかがですか?皆さんの親御さんは、終活されていますか?終活という言葉が初めて出たのは2009年と言われています。

    続きを読む
  5. 満席御礼!【2021/1/25(月)ZOOM】実際に書く2時間!私のエンディングノート入門講座開催!

    ※この講座は定員になりましたので申込を締め切らせていただきます。エンディングノート講座に興味のある方は以下からお気軽に開催リクエストをどうぞ。リクエストくださった方の負担にならないような流れになっています。

    続きを読む
  6. “終活”という言葉を越えて私が伝えたいこと。

    「私が思っていることを家族に伝えるね~。伝えることが大事だと教えてもらってよかった」と声をかけてくださった高齢の女性がいました。昨日、鹿児島市(郡山)で終活のお話をさせていただいた後のこと。

    続きを読む
  7. 大事な人を見送る立場になったときに。

    伯母が亡くなって3年が経とうとしています。最期は、誤嚥性肺炎により亡くなりました。その頃を思い出してみますと日を追うごとに伯母の滑舌が悪くなり声もかなり小さいことも相まって伯母が何を言っているのか聞こえづらくなっていました。

    続きを読む
  8. 夫にもエンディングノートを書いてもらいたい~日曜だけどちょい真面目~

    夫にも書いてもらいたい。夫とも話をしながら書きたい。というご感想は、一昨日オンライン(ZOOM)で開催した「実際に書く2時間!エンディングノート入門講座」を受講してくださったお二人から出たものです。

    続きを読む
  9. その一歩を踏み出すために“記憶の扉”をノックしてみる。

    先へ進むために今よりも一歩前へ進むために過去は関係ないと言う人がいます。確かにそれは共感できる部分もありますが過去の自分の中に一歩踏み出すヒントを見つける場合もあるのでまったく関係ないとは言い切れない私です。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る