思うこと

  1. あなたは他人からほめられたら、とりあえずほめ返す人ですか?

    私はほめ殺しが苦手だ。というより、もっと正確にいうとお互いに必要以上に“ほめ合う”という行為が苦手だ。大袈裟に“ほめ合う”状況を見たあかつきには、ぞっとする。相手のことをそんな風に思ってないでしょ?っていうのがわかるから。ほめられたから、とりあえずほめ返すみたいなのも苦手。

    続きを読む
  2. 五感で一気に情報を得て、そこに今は見えない可能性を感じられるからリアルに会うって面白い。

    〝ネットの世界から飛び出してリアルに会う〟ということはやはり大切なことだ。昨日は、関東在住の皆さまとランチをご一緒させていただいた。共通点は、好きを仕事にする大人塾「かさこ塾」の塾生ということ。

    続きを読む
  3. 刺激がなくてつまらない毎日なら、今すぐひとり旅を企画しよう!

    東京に来ると、電車の乗り換えや慣れない場所に行くこともままあるので外へ出ると気がぬけない。そして、歩く人々のスピードも速い。あまりにどんどん抜かれていくので、いやこれはまずいと私も自然とはや足になる。

    続きを読む
  4. たまには「狭い日本そんなに急いでどこへ行く?」でもいいじゃない?

    昨日は、鹿児島発東京行きの飛行機の出発が1時間半ほど遅れた。今回は仕事の打ち合わせでの上京だったのでアポを昨日にしていなくてよかったとほっとした。日本では電車だって、飛行機だってバスだってそんなに遅れることはない。

    続きを読む
  5. 完璧でなくても走り出すぐらいの勢いが、時にはチャンスをつかむ。

    「これをやってみたら?」と自分では思ってもみなかったことを他人から勧められたときに、あなたはどうしますか?①「いえいえ、まだそんなことできません~」と何かしらの理由をつけて断る。②「え? そう? ちょっとやってみようかな?」と前向きに検討する。

    続きを読む
  6. 震度5の地震が起きたとき、あなたの備えは万全ですか?

    今日のお昼前、パソコンで仕事をしていた私はグラっと突き上げるような大きな揺れを感じた最初の一瞬、「え? 桜島の爆発?」と思った。“揺れ=桜島の爆発?!”という構図が鹿児島市民には少なからずあるかもしれない。

    続きを読む
  7. 虎の威を借りて威張る以外、あなたは何ができるのですか?

    「私は●●議員をよく知っている」だの、「県議会議員、国会議員を何人も知っていて、頼む案件に合わせて使い分けている」というような発言をする人がたまにいる。いわゆる“コネクション”が必要なときもあるというのはわかるから、そこに群がる人がいるのも仕方ないと思う。

    続きを読む
  8. 罪悪感を捨てて、家でゴロゴロするのも効果的な休息の取り方。

    「休息をとる」というと、大自然の中へ出かけていくとか、郊外でしばらく過ごすとか、どちらかというと非日常的な場所へ行き、リフレッシュするという感じをイメージする。

    続きを読む
  9. 出展者とボランティアスタッフとお客様との三位一体で創り上げるフェスタだから、誰が欠けても成り立たない。

    フェスタ出展ともなると、自分の出展にばかりついつい気をとられてしまうがフェスタは出展を支えてくれる多くのボランティアの存在で成り立つ。

    続きを読む
  10. 何事も〝真剣に楽しむ〟という姿勢! これがその先にまた楽しみを生む。

    「よっちゃん、楽しかったよね?」これは、昨日開催された〝かさこ塾フェスタ@福岡〟で行われたインタビュアーでライターの鯰美紀さんの私への公開インタビューが終わった直後、開口一番、彼女から私への問いだった。私がインタビュー直後に最初に思ったことは、「無事に終わってよかった」ということ。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る