ブログ

  1. 「はじめまして」の挨拶もできない人が、信用第一の仕事ができるとは思えない。

    FACEBOOKやインスタグラムで友達関係になっていて、そこからの流れでリアルに初めて会う場合。お互いに最初はできれば自分と同じような距離感からスタートするほうが私は安心する。しかし、この距離感をどーんと乗り越えて、ズカズカとパーソナルスペースに入ってくる人がいる。

    続きを読む
  2. 『よっちゃんのひとことお悩み相談の小部屋』に寄せられた相談ごとTOP3!

    誕生日記念ということで、昨日『誕生日ふれあい企画! よっちゃんのひとことお悩み相談の小部屋』というのをFACEBOOK上で開催。そこで同じような質問が複数寄せられたので、ここでその3つをご紹介し、それについて私なりの見解を改めて書いてみたいと思う。

    続きを読む
  3. 『12月12日誕生日記念ふれあい企画! よっちゃんひとことお悩み相談の小部屋』開催!

    (画像は4歳の私と7歳の姉)小さい頃、50歳を越えた人たちに向かって「2分の1世紀も生きてきたんだねー」と言っている時期があった。「1世紀=100年」ということを知ってから、それをいろいろと当てはめてよく言葉遊びをしていた。

    続きを読む
  4. ビジネス上のやりとりで“既読スルー”をしてしまいがちなら、コミュニケーション手段を変更せよ。

    LINEやメッセンジャーでのやりとりの際のお話。例えば、こちらが「●月●日は参加できますか?」というような質問を送った場合。受け取った相手はおおよそ以下の2パターンに分かれる。①「大丈夫です」「日程調整するので少し時間をください」など、まずは何かしらの返事をくれる。

    続きを読む
  5. 鹿児島でウイスキーが作られているなんて!そしていちいちおしゃれなCafe&Barまであるなんて@マルス津貫蒸溜所&寶常

    「こんなところが南さつま市(鹿児島県)にあるんだ! びっくり!」というのが率直な感想。1年前にオープンし、以前から気になっていたスポット、“マルス津貫蒸留所”(本坊酒造)に関東からやってきた親戚を案内したのだが、久々にヒットした。

    続きを読む
  6. どんなに動きたくても動けない、そんな時期がくる前に動け!

    落ち着いて、先のことを考える時間は必要だと思う。しかし、時としてじっくり考えすぎて、何かしらのタイミングを逃すことだってある。以前の私は、「まあ、あれが整ってから」とか「これまで仕上げてから」「この資格を取得してから」といったような、今考えればあれこれと言い訳を並べていたように思う。

    続きを読む
  7. 小さい頃になりたかった職業は何ですか? そしてそれは叶っていますか?

    小学六年の卒業文集に“将来なりたい職業”として「旅行家」と書いた。小さい頃から海外への憧れが人一倍強かったように思う。親戚がペルーに住んでいたということもあり、折に触れてのエアメールやおみやげ等、海外の匂いのするものが私を刺激していた。

    続きを読む
  8. 【東京・渋谷】2018/1/23(火)「セルフマガジンの作り方講座&個別アドバイス」を開催!

    東京・渋谷にて『セルフマガジンの作り方講座ならびに個別アドバイス(講座受講者のみの特典)』を開催します。これまで鹿児島(2回)、福岡・博多(2回)、東京(2回)、静岡、福岡・北九州(12/14開催予定)、福島・郡山(2018/1/24開催予定)で開催している講座です。

    続きを読む
  9. セルフマガジン作りで悶々とするあなたがまず行くべき場所は、ネタの宝庫“書店”だ!

    セルフマガジンを作るときに、いろいろな段階で悶々とする人が多い。何から手をつければいいかわからない。どういう表紙にしたらいいの?マガジンの構成はどうすれば?写真はどういうのがいいの?キャッチコピーを考えつかない。など、たくさんの悩みが出てくることだろう。

    続きを読む
  10. メニュー選びのときに苦手な食べ物を申請するのは“マイナス”なのか?

    私はチキンが苦手だ。高校生ぐらいまでは食べていたと思うが、ある出来事が原因で食べられなくなった。というより、食べる気がしなくなった。もっと根本的なことをいえば、ニワトリが怖い、鳥自体が怖い…と怖い連鎖は続く(笑)。問題はそこではない。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る