個人起業

  1. 個人起業を長続きさせる秘訣は“押してもだめなら引いてみな”

    個人起業をしていると集客のために、商品が売れるためにいろいろなことを試してあーでもない、こーでもないを繰り返すことと思います。うまくいっている人の真似をすれば成功への近道と言われることもありますが絶対的にそうともいえないこともあります。

    続きを読む
  2. なぜあなたがこのサービスを?と思われないために必要なコト。

    SNSを見ているといろいろな告知や募集、または何らかのメッセージを伝えるものが毎日のようにあがってきます。みんながんばっているなーと私も刺激をもらっている日々です。しかし、時に「どうしてこの人がこのサービスをやっているのだろう?」と思うことがあります。

    続きを読む
  3. やりたくないことがわかると、自分の本音が見えてくる。

    以前の私は、依頼がきたお仕事は断ることなく受けてきていました。よほどのことがない限りです。だって、フリーランスですもの…。収入はあるにこしたことはないですから。しかし、ここ最近は「うーん」と思うものはお断りするようになりました。

    続きを読む
  4. 起業初期の実績はどうやって作ればいい?

    個人起業を始めたばかりだったり起業というほどでもないという場合でもプロフィールのところや何らかの告知記事を出すときに「実績がないからそれを書けない」という悩みを持つ方がいます。そこに実績があると申し込む側も安心材料のひとつににもなりえます。

    続きを読む
  5. トライ&サクセスへの確率を上げるために必要なこと。

    自分ではない誰かに「櫻木よしこを売ってほしい」と思うことがあります。え? それってどういう意味?と思われた方、人身売買ではありません(笑)話は、月刊誌に携わっていた頃にちょっと飛びます。

    続きを読む
  6. プロフィール写真を出すメリット、出さないデメリット。

    特に個人起業している場合、“プロフィールアイコン”として顔写真を出す・出さない問題があります。顔写真を出せない。つまり、会社員だから顔がバレては困る。背景事情により出せないというパターンはここでは脇に置いておきます。

    続きを読む
  7. 「もしもあのまま出版社に勤めていたら」を想像した時に思ったこと。

    出版社勤務の編集者を辞めて久しいのですが最近思うことがあります。今は個人起業者として仕事をしているけれどもあのまま出版社に勤務していて定年で辞めたときに私には何が残っていただろうと。60歳ぐらいで退職したとしてその後がまだまだ長いわけです…。

    続きを読む
  8. 新しい講座を作るときに気に留めておきたいこと。

    新しく講座やワークショップを作ろう!というときに、いつも気をつけていることがあります。それは、「自分ができること」を中心に考えないということ。

    続きを読む
  9. あなたがサービスメニューにしたいことは周囲にニーズがありますか?

    「言われたことをやるのが仕事ではなくて何を求められているのかを考えて実行するのが仕事」とは、先般お会いした方の口から出てきたものです。その方は言いました。「私は長い間会社勤めをしていますがこのことに気づかず回り道をしてきました」と。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る