ご紹介したいこと

  1. 「大事な人に伝えておきたい!」ことを今書き残さずにいつ書くの?

    この新型コロナウィルスにより命を落とす方が世界で急増し発症して亡くなるまでのスピードが速いということや家族の誰にも看取られずに亡くなるなどといった情報がわかったときに再び私が手をつけたものがあります。

    続きを読む
  2. 「できることがどんどん減っちゃう~」をひっくり返す考え方とは。

    外出自粛で今までやっていたことがしづらくなっていたりできなくなったりしてることも多いですよね。友人たちとお茶するとか同僚と食事とか気ままなショッピングとかライブやコンサートとか習いごととかスポーツとか旅行とかまだまだたくさんあると思います。

    続きを読む
  3. 写真撮影を後回しにしてセルフマガジン制作を進める方法

    自宅で過ごす時間を有効に使うために個人版会社案内的な小冊子“セルフマガジン”を作ってみようかと考えている方もいらっしゃると思います。セルフマガジンを作るには材料となる写真、文章、イラストなどが必要となってきます。しかし、この状況で準備が難しいのが“写真”です。

    続きを読む
  4. あなたが背中を押されるパワーワードはありますか?

    言葉って面白い!といつも思います。どの言葉を人から言われるかで自分がやる気になったり、またはその逆になったり。いろいろですよね。私にとっては背中を押されるあるひとつの言葉があります。それは「ぜひ」という言葉。

    続きを読む
  5. アミューズメント系よりも自然旅へと向かうのは大人になったから?

    小さい頃は自然の中へ遊びに行くことはそんなに好きではありませんでした。すぐそこに海も山もある場所に育ったからということもあるのでしょうが小さい頃はそれよりもアミューズメント系へより心惹かれたものです。

    続きを読む
  6. ZOOMで講座を初めて開催するにあたり私が気をつけた10のこと。

    ZOOMを使っての個別コンサルやセルフマガジン制作の打ち合わせ等は3年ぐらい前からやっていましたが複数が参加する講座を主催したことはありませんでした。以前からオンラインでの講座開催を考えていたので、この状況に背中を押されての実現となりました。

    続きを読む
  7. 何をすればいいかわからないなら“12年間の簡単振り返り”で次へのヒントを!

    新型コロナウィルスのことで様々な制限がかかり、在宅の時間が増えている方も多いことでしょう。オンラインで仕事や作業をすること以外にネットであれこれ視聴したり何かを作ったりすることはいろいろあると思います。

    続きを読む
  8. セルフマガジンを作る前に知っておきたい大事なポイント!~雑誌作りのプロデューサー編集者の視点~

    名刺やフライヤー、リーフレット、個人起業家のビジネスツール「セルフマガジン」などを制作するときに気をつけたい共通のポイントがいくつかありますがなかでも、今日はとても大事なことを先にお伝えします。それは、内容とデザインがはっきり決まってから材料を集めるということ。

    続きを読む
  9. 緑豊かな国・アイルランド取材プチ紀行~想い出編~

    いろいろな写真を整理していたら10年ぐらい前に取材で訪れたアイルランドの写真を見つけたので懐かしくなり、つらつらと並べてみます。鹿児島→東京→ロンドン経由アイルランドへ。アイルランドは半年の間に2度も別件で取材にいくことになったちょっと不思議な場所。

    続きを読む
  10. “シンクロニシティ”というサインの扱い方~あくまでも自己流ですが~

    ↑この画像はシンクロはシンクロでも意味が違いますよね(笑)生きていると時々“シンクロニシティ”に遭遇します。“シンクロニシティ”とは「同時性」「共時性」「同時発生」というような和訳になりますが「意味のある偶然の一致」という言われ方もしています。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る