終活

  1. 私が“終活カウンセラー”になった意外なきっかけとは。

    現在、個人起業ブランディングコンサルタント編集者という肩書に加えて上級終活カウンセラーとしても仕事をしています。そこで、これまで書いていない(多分)“終活カウンセラー”になった理由を時々、尋ねられることもあるので改めて書いてみたいと思います。

    続きを読む
  2. 親子で終活の話をする前にまずはやっておきたいこと。

    年末年始は家族が集まりいろいろな話が出る時期でもあります。こういうときに「終活」にまつわる話をしてみてはいかがでしょうか?というのはもちろんなのですが「新年早々そういう話?」という人たちももちろん多いですよね。「新年から縁起でもない」とか。

    続きを読む
  3. 私たちなりに終活に向き合っています!~『終活アンケート』入賞5名のコメントをご紹介~

    私の誕生日企画として募集しました「終活簡単アンケート」へコメントいただいた方々の中から今日は【入賞5名】のコメントをご紹介いたします。【櫻木よしこ賞】に選ばれた3名の方のコメントは先日、ご紹介した記事はこちら。入賞された方々が書いてくださったコメントは以下です。

    続きを読む
  4. BD企画『終活アンケート』のコメント“櫻木よしこ賞”3名、入賞5名を発表します!

    私の誕生日企画として募集しました「終活簡単アンケート」へ70名を超える皆さまにご協力いただきました!誠にありがとうございました。なるほどと考えさせらるコメントや今後の指標になるようなもの工夫をしながら終活に取り組んでいるコメントなど本当に参考になりました。

    続きを読む
  5. 【誕生日企画】あなたは終活に興味がある?ない?簡単アンケートへのご協力をお願いします!

    誕生日を記念して(というこじつけ(笑))皆さまにお願いがあります。私は個人起業ブランディングコンサルタント、編集者以外に“上級終活カウンセラー”としても講座や講演、執筆等の仕事をしております。その関係で皆さんに「終活」についておたずねしたいことがあります。

    続きを読む
  6. お宅の“仏さま”の行き先は決まっていますか?

    「うちの仏様をどうしようかと思って」という質問が昨日の終活講座で寄せられました。

    続きを読む
  7. 通夜・告別式への参列を重んじる理由は最後のお別れだからというだけではなく。

    訃報が耳に入ったとき、皆さんは告別式にできるだけ出席するほうですか?それとも場合によりますか?私はよっぽどの事情がない限り通夜または告別式に参列します。結婚式の参列よりも通夜・告別式の出席のほうを重んじます。

    続きを読む
  8. 風のように逝った従兄のある作戦は成功したのです、悲しいことに。

    一昨日、まさかの訃報が届きました。3か月ほど前に会った従兄が亡くなったと。父方・母方合わせると私には27人の従兄弟従・姉妹がいます。そのなかで初めて従兄(母方)が亡くなりました。64歳という若さで。

    続きを読む
  9. 「終活しない親」に試してほしい3つの方法。

    先日、「親に終活をしてほしいけれどどうやってそれを言えばいいか…」というご相談がありました。親に終活について切り出せば、「親が亡くなるのを待っている」「財産(遺産)を狙っている」「薄情だ」と思われるのではないかと危惧する方たちもけっこう多いのが現状です。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る