ブログ

  1. 北海道の“大雪”と桜島の“灰”のどちらがマシか?~“ドカ灰”襲撃に思う~

    「え? 火山の麓に人々が住んでいるって怖くないの?ありえない!!!」と外国人の友人に言われたことがある。それが当たり前の私にとってそういうリアクションが珍しく、「そう言われたら、そうか~」と思ったことを覚えている。

    続きを読む
  2. “まごころ”の伝え方のお手本ともいうべき、まごころ村からの“おにぎり免許証”。

    「おにぎり」「お米」と言えば私の中でこの方たちが頭の中に浮かび上がってくる。米処新潟の稲作専業農家 まごころ村の長谷川真也・祐子夫妻。長谷川さんのFACEBOOKのアイコンはこちら。

    続きを読む
  3. 皆さんに問いたい。「間違った作法で焼香してきた供養は無駄なのでしょうか?」

    先だって、ある方の供養に出席したときのこと。お寺でお経が終わったあとに、お坊さんが法話の中で“焼香の作法”についてレクチャーをされた。宗教宗派によって焼香の作法が違うことは知っていたが、そもそもそれを習う機会も滅多にない。

    続きを読む
  4. ひとりでのセルフマガジン制作は途方に暮れるけど、みんなでスタートするならなんとかなる気がしてくるぞ!

    従来の講座からバージョンアップした「セルフマガジンの作り方集中講座」(3時間)を先日、東京で初開催!参加者の皆さんはそれぞれ違う仕事をしていて「すぐにでも作りたい!」という方もいれば「まだ漠然としてる」という方まで意識の差もあった。

    続きを読む
  5. 肩書が複数あるのはどれも中途半端ということではなく、複数の強味を持っているという証。

    仕事としてやっていること(肩書)が複数ある場合、どっちつかずな気分になることがある。どっちのほうがニーズがあるかな?ニーズはなさそうだけど、どちらかというとAよりBがやりたいんだけど…とか。

    続きを読む
  6. 上質なスイーツと空間、そしておもてなしで客を魅了する「六花亭帯広本店 喫茶室」

    北海道のお土産と言えば六花亭の「マルセイバターサンド」が有名。私も「北海道物産展」があると必ず買うというぐらい好き。そんな六花亭のカフェがあるなんて北海道にくるまで知らなかったという。ということで、行ってきました!「六花亭 帯広本店 喫茶室」。

    続きを読む
  7. 炭焼きの香りと秘伝のタレが絶妙なバランスの元祖豚丼の「ぱんちょう」@帯広

    札幌から帯広まで高速を走って約3時間。ランチのお店として決まっていたのは帯広グルメとして有名な「豚丼」の“ぱんちょう”。11時開店の店に私達が11時すぎに到着するとすでに列ができていた。

    続きを読む
  8. ブログを書いていたからこその出会い!こういうことがあるからブログ更新はやめられない。

    今回の札幌、東京への旅が始まる1週間ぐらい前のこと。横浜在住の終活カウンセラーでハワイの旅専門の旅行社代表取締役社長の岩野貴子さんからメールをいただいた。

    続きを読む
  9. 会社員とフリーランス。どちらが良い悪いではなく、あなたはどうしたいのか?

    先日、久しぶりに朝の通勤・通学ラッシュの人波にのまれた。降車して、先を急ぐ人たちを後ろから見ながらフリーランスの自分は今から友人たちと遊びに行く気楽さを思った。学生たちはともかく、列車内でちょっと陰鬱な、そしてどこか無表情の会社員たち。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


関連サービス

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る