ブログ

  1. ブログを書くときに隣の芝生を覗くな~土曜日のゆるゆるブログ~

    皆さんも誰かが書くブログを読むことも多いと思います。趣味嗜好に関係するものや世の中の動き、ビジネスに関するものや自己啓発やスピリチュアル系とかまたは同業他者(社)のものとか…。

    続きを読む
  2. “下書き”ブログがいくつか溜まっているあなたへ。

    ブログを書く話になると時々「下書きのままで終わってしまって公開していないブログがけっこうある」という声をわりと聞くことがあります。

    続きを読む
  3. 個人起業者のブログには仕事のネタばかりを書いたほうがいいの?

    個人起業している人がブログを書く場合なかなか書けない理由のひとつにコレがあります↓それは、ブログに自分の仕事や提供するサービスメニューに関連することばかりを書かなければならないと思いこんでいるということ。

    続きを読む
  4. 誰かと同じネタでブログを書くときに気をつけたいこと。

    「別の人が書いていたネタなのですが私も書いてもいいのでしょうか?」という質問をされることがあります。もちろん! ぜひ!です。その理由はひとつのネタ・テーマについて書き手の考え方やアプローチは違うということ。

    続きを読む
  5. 「○○セミナーに参加しました!」記事を単なるレポート記事で終わらせない方法。

    “起業初心者向けライティング・コーチ”の櫻木よしこです。と初めて名乗り、いつもとは違った導入を試してみました。いかがでしょうか(笑)?前置きはさておき、講座やセミナーセッション、コンサルなどを受けたときにその感想を記事にする方は多いです。

    続きを読む
  6. 大きな後悔があるから私は“ブログ”のことをよく記事する。

    私は“ブログ”のことをよく記事ネタにしますがそれには実は訳があります。5年前の私は自分を知ってもらう手段として“ブログを書く”ということがまったく頭にありませんでした。今思えば、本当にもったいなかったと思います。

    続きを読む
  7. “集客・売り上げに繋げたい”と思いながらもブログが書けないあなたへ。

    ブログを書くことで集客・売り上げに繋げたい!ということは、ブログを営業ツールとしてみなしているということです。そう言いながらも「ブログは書けるときに書く」という人がいます。

    続きを読む
  8. すっきりと読みやすいブログ記事を書くコツ。

    「どうすれば、すっきりとした文章を書けますか?」ということを尋ねられる私は編集者(笑)まず第一に、書きっぱなしはよろしくありません。例えば、ブログを書いていてよし、書き終わった。はい、「公開」ポチ!なんてことはありえません。

    続きを読む
  9. 居住地以外へ向けても仕事をしたければ、今すぐブログのタイトルを見直そう。

    時々、思うのですが自分のサービスを提供する地域を限定しなくてもいいのにと。例えば、鹿児島に住むお菓子の先生がお教室を開いているとします。現実的には、先生が居住する地域で開いているというのはごく普通のこと。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る