思うこと

  1. 「そういうの興味がなくなりました」と自ら宣言する人ほど、実は未練たらたら“かまってちゃん”。

    「私ね、もうあのことには興味がなくなったから」と、こちらが尋ねてもいないのに勝手に宣言する人がいる。それは興味がなくなったのではなく、興味をもたないようにすることを決めた程度であって、実のところ興味ありありの状態である場合が多い。

    続きを読む
  2. お客さんに同業他者の悪口を言っていませんか? お客さんはせっかくあなたを選んでやってきているのに。

    例えば、何らかのセッションを受けるとき、そのカウンセラーが同業者の悪口を言うときがある。その必要がどこにあるのか?と、そういう話を聞くたびに思う。客がカウンセラーに「Aさん(別のカウンセラー)ってどうなんですか?」と尋ねて、カウンセラーがAさんについて私感を述べる場合。

    続きを読む
  3. 「来年は今年とは違うことにチャレンジ!」って、つい仕事だけの計画を立てていませんか?

    この2年の間、「前年とは違うことにチャレンジしよう」ということをモットーに過ごしてきた。「一昨年と昨年」「昨年と今年」、それぞれに前年にはしていないことにトライすることを自分に課していた。そうしないと、もたもたと足踏みをしてしまいそうだったから。

    続きを読む
  4. 誰かと組んでやる前に「これは私だけでもできることでは?」と自分自身に問いかけを!

    自分が何をやりたいのかわからない。何か得意なことがあっても、それをどう生かしたらいいのかわからない。そういうことを考えて迷いながらあちこちへふらふらとしている人も多い。以前の私もそうだった。そして同じような人たちとつるむことで、そのどうしようもなさを紛らわせていた。

    続きを読む
  5. あなたは自分の仕事を簡潔に他人に説明できますか?

    初めて会う人たちがたくさんいる交流会等参加するときは、自己紹介だけでなく、自分の仕事についてわかりやすく簡単に話せるぐらいの準備は必要だ。

    続きを読む
  6. 「はじめまして」の挨拶もできない人が、信用第一の仕事ができるとは思えない。

    FACEBOOKやインスタグラムで友達関係になっていて、そこからの流れでリアルに初めて会う場合。お互いに最初はできれば自分と同じような距離感からスタートするほうが私は安心する。しかし、この距離感をどーんと乗り越えて、ズカズカとパーソナルスペースに入ってくる人がいる。

    続きを読む
  7. 『12月12日誕生日記念ふれあい企画! よっちゃんひとことお悩み相談の小部屋』開催!

    (画像は4歳の私と7歳の姉)小さい頃、50歳を越えた人たちに向かって「2分の1世紀も生きてきたんだねー」と言っている時期があった。「1世紀=100年」ということを知ってから、それをいろいろと当てはめてよく言葉遊びをしていた。

    続きを読む
  8. ビジネス上のやりとりで“既読スルー”をしてしまいがちなら、コミュニケーション手段を変更せよ。

    LINEやメッセンジャーでのやりとりの際のお話。例えば、こちらが「●月●日は参加できますか?」というような質問を送った場合。受け取った相手はおおよそ以下の2パターンに分かれる。①「大丈夫です」「日程調整するので少し時間をください」など、まずは何かしらの返事をくれる。

    続きを読む
  9. どんなに動きたくても動けない、そんな時期がくる前に動け!

    落ち着いて、先のことを考える時間は必要だと思う。しかし、時としてじっくり考えすぎて、何かしらのタイミングを逃すことだってある。以前の私は、「まあ、あれが整ってから」とか「これまで仕上げてから」「この資格を取得してから」といったような、今考えればあれこれと言い訳を並べていたように思う。

    続きを読む
  10. 小さい頃になりたかった職業は何ですか? そしてそれは叶っていますか?

    小学六年の卒業文集に“将来なりたい職業”として「旅行家」と書いた。小さい頃から海外への憧れが人一倍強かったように思う。親戚がペルーに住んでいたということもあり、折に触れてのエアメールやおみやげ等、海外の匂いのするものが私を刺激していた。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る