ブログ

近しい人の命の終わりを前にして後悔しない選択を。

先週、関東に住む伯父が
93歳で亡くなりました。

病を患っており、
危篤となったときに

関西に住む次男が数年ぶりに
伯父に面会にやってきました。

それまでにも周囲は
次男に見舞いを促していたものの
訳あってか、彼は頑なでした。

が、さすがに父親の危篤に
重い腰をあげたのでしょう。

伯父はかすかに意識があったそうで
次男と少しだけ会話もできたとか。

その翌日に伯父は旅立ちました。

伯父は次男の来訪を
ずっと待っていたのだと
誰もが思ったわけです。

こういうパターンはこれまでにも
周囲でいくつも見聞きしていて、

亡くなる間際の人は
会いたいと思っている人に会えたら
心残りなく旅立てるのだろうなと。

裏を返せば

なかなか会いにいかないということは
(病で)亡くなる間際の人を
ある意味苦しませてしまうのだと。

会いにいかなければ
少しは命永らえてくれるかもしれない。

けれども、それでいいのか。

夫婦、親子、友人、親戚の間で

命の灯がついえそうな人を前に

何かしらの葛藤を抱えつつ
会いにいけてない人がいるかもしれません。

でも、どうか

相手のこと、

そして、想像できるであろう
亡き後の自分の気持ちを考慮して、

後悔のない選択を。

では、また明日ブログで。

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る