ブログ

会話中の自分の受け答えは相手を不快にしてはいまいか。

あるお店での出来事。

購入を検討している商品について
店員さんに尋ねたいことがあったので
いくつか質問しました。

さ「これは〇〇に
使っても大丈夫ですか?」

店(私の方は見ずに陳列棚を
整えながら)「はい~」

さ「その場合、
こういうことが起きたら
〇〇すればいいですか?」

店(移動しながら)「はい~」

私のすべての質問に対して

「はい~、はい~」としか答えない。

せめて普通に「はい」でお願いしたい。

もっというなら
「はい、それで大丈夫です」ぐらいは欲しいところ。

「はい~」という語尾をひっぱる感じが
なんとも不快でしようがありませんでした。

なんだか私が彼女にとって
かったるい質問を投げかけているような
気にさせられてどうにも不快感が(笑)

そこでです。

私の質問が

「はい・いいえ」しか促さないから、
こんなことになるんだと思い
質問方法を変えてみました(笑)

さ「〇〇のときは
どうすればいいですか?」と。

すると、彼女は
相変わらずの「はい~」と答えたあと、

少し間が。

これは、「はい~」だけでは
済まされない内容!と
はたと気づいたであろう
その一瞬を私は見逃さなかった(笑)
(何自慢?(笑))

そして、ここで初めて
彼女は私のほうを向いて、
端的に答えてくれました。

これは接客に限らず、
誰かの話を聞いているときの
自分の受け答えについて
考えるきっかけにもなりました。

普段、そこまで意識していませんから。

何気なくクセになっている言い方はありますが

多分、「はい~、はい~」
という言い方はしていない気がする。

または、人が話をしているのに
その話に上からかぶせるような話し方をする人もいる。

いずれにしても、会話の最中に
自分は相手を不快にさせていないだろうか。

ちなみに、せごどん(西郷どん)とは
目で会話ができるので便利です(笑)

それでは、みなさーん、
Have a nice Saturday!

では、また明日ブログで。

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る