ブログ

誰かにアドバイスを求めるときに準備したほうが良いこと。

自分の悩みについて
誰かにアドバイスをしてもらうときのお話です。

この場合2タイプの人がいます。

①悩むのに疲れたし
これ以上考えられないから
自分なりの答えはこれといって用意しない。
(うすらぼんやりはあるとして)

②考えた末に、いいかどうかは別として
自分なりの答えを用意する。

自分でも解決できないから
アドバイスを求めるのであって
これが①であってもそれはそれでいいと思うのです。
気持ちもいったりきたりしますし。

ただ、②のほう、
つまり自分なりの答えを用意して臨むほうが
アドバイスを受けるときに
とても有効だということ。

そうすると
アドバイスしてくれる人と
自分の答えが同じだったら、
自分の判断力もまんざらじゃないと思えます。

また、違う答えだったら
自分とは違うアドバイザーの
考え方がよりはっきりと頭に入りやすく

自分とアドバイザーの考え方の
どの部分が違うのかもわかりやすいです。

そして、それについての
質問もできるというもの。

同じ60分だとして、
①でいくか、②でいくかで
その充実度が違ってきます。

ですので、受け身100%でいくよりも
自分なりの答えを用意する50%ぐらいで
いくことをおすすめします。

「どうぞ答えを教えてくださーい」
というばかりでは、

自分で考える、問題解決する力は
永遠に身につかないです。

問題解決する力は
生きていく上で自分をラクにしてくれるもの。

まずは、自分の力で
自分なりの答えを用意するクセをつけてみませんか。

ということで、

みなさーん、Have a lovey Sunday!

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・
【開催リクエスト募集】
あなたが今、亡くなったら
残された人が困ることはありませんか?

◆『みんなで一緒に書くエンディングノート講座』

お気軽に以下から開催リクエストをどうぞ。
https://bit.ly/3rw9yFM

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
こちらではかなりぼちぼち発信しています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る