嬉しかったこと

  1. 自分には関係のない世界と思っていることにこそ、実は自分を解放できる鍵がある。

    こんなに仮装が面白いとは思わなかった。昨日は、仲間内でのハロウィンの仮装パーティー。実は、私は1週間までまったく何も考えてなかった。なんだか着ぐるみみたいなのを着ればいいのかな~ぐらいの緩さ。

    続きを読む
  2. 札幌観光はぜひココも!思わず「おぉっ」となること請け合い@大倉山展望台& オリンピックミュージアム

    南国育ちの私にとってやはり“雪”、しかも積雪というのは一種の憧れがある。(どれぐらい大変かということはよくわからないで書いている部分はご容赦願いたい。)そんな私が冬になると、テレビで見る場所を今回訪れた。

    続きを読む
  3. 新しい仕事のやりがいが私の燃料になり、その結果、私は何を望んでいたのかを知った。

    ひょんなことがきっかけで、自分のスキルを切り取り、サービスメニューにした“ブランディング応援セッション”。イベント出展時のセッションそしてがっつりのフルセッションあわせるとこのメニューを受けてくださった方々は札幌、大船渡、鹿児島とで30人になった。

    続きを読む
  4. 嬉しかった出来事は思うだけで終わらせず、循環させることこそが一番大事。

    札幌から羽田へ向かう機内で私は窓側に座り、あいだ一席を置いて通路側に品の良い60歳ぐらいの男性が座った。機内でのサービスの飲み物を飲み終えた紙コップの回収を待っていた私と男性。CAが近づいてくると、男性が私に手を差し出し「お預かりしましょう」と。

    続きを読む
  5. 何かをお任せするときは、まるっとお任せしたほうが想定内の上を行くことも。

    この画像は、デザイナーのさささとこさんが先日、募集していた【WEB用広告1,000円で作ります!キャンペーン!】に応募して作っていただいたモノ。ポスターまたはマガジンの表紙を選べたのですが、私はマガジンの表紙を。通常、編集者としてがっつり絡む内容。

    続きを読む
  6. 北海道から・北海道へ向けて発信したい人は札幌の“自分応援部”を要チェック❗️

    今年の5月に“かさこ塾フェスタ”に出展するため札幌を訪れたのだが、まさか年内に再度、仕事で訪れることになろうとは。今回、札幌で「自分応援部」という会を主宰されている「みりわんさん」こと越郷一代さんからお声かけをいただきそれが実現した。

    続きを読む
  7. ホテルスタッフの接客で笑顔がもたらす効果を思い知る。

    札幌滞在のホテルを間違って〝喫煙〟で予約していた私。「なんだかな〜」とちょいブルーになっていた。悪いのは自分なんだけれども。が、しかし。フロントの女性スタッフがそこを察して笑顔で「禁煙のお部屋が空いていないかチェックしますね」と。必死にpcをパチパチ。

    続きを読む
  8. 歯並びの悪さをコンプレックスに思っていた私がそれを克服した方法とは。

    以前の私は写真を撮られるときに口を開くことはほぼなかった。その理由はよくわからなかったのだけれども。そもそも撮影され慣れていないというのもあったし。モデルのように微笑むことなどできるはずもなかったし。

    続きを読む
  9. 空中泊x南大隅を堪能するアクティビティが魅力の期間限定“マジカルステイ”で贅沢なひとときを!

    南九州ではここだけという、空中に泊まれるエアーテント“テントサイル”に宿泊できることで大きな話題を呼んでいる鹿児島県南大隅町の“MAGICAL STAY”(マジカルステイ)を体験してきた!テントサイルとは、太い松の木3本を⽀柱に固定して吊るすタイプのテント。

    続きを読む
  10. 「ソース二度付け禁止」を体験したければこの店へ行くべし“名物串カツ 田中”@大阪

    大阪に行くたびに、お好み焼きやたこ焼きといった“粉もん”に惹かれてしまう私。だって大好きだから!そして、今回は念願叶っていわゆる“ザ・大阪”みたいなお店でお食事することに!それは何かというと「ソース二度付け禁止」の串カツ店。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る