ブログ

“花嫁からの手紙”は嫌だけど花嫁の私が語りたかった理由とは。

披露宴ではよく“花嫁からの手紙”
というものがありますが、
私はそれが絶対に嫌でした。

お涙頂戴的なそれが苦手だったのです。

さて、今日は“披露宴”記念日。
12年前の今日、
式・披露宴をいたしました。
(ちなみに我が家の結婚記念日は
入籍した12月12日に制定しております)

12年もよく続いたものだなと
一瞬振り返ると、そこには夫の我慢が
あったようななかったような(笑)

話は披露宴に戻ります。

“花嫁からの手紙”はなくとも
私自身は何か語りたい気持ちがありました。

ですので、披露宴はまず花嫁の挨拶で
始まりました。

通常、そこは花婿なのでしょうが
花婿は最後の挨拶ということで本人も快諾!

私がなぜ披露宴で語りたかったのか?

理由はいくつかあります。

好き放題に生きてきたドラ娘を
ずっと応援し、サポートしてくれた
家族への感謝を伝えたかったこと。

たくさんの友人、親戚たちが
集ってくれたことへの感謝。

そして、私の結婚は友人・親戚たちの間では
かなりの意外性を持って
受けとめられていたので

「いやいや私独身主義者とか言ってないし~」
って言いたかったこと(笑)。

さらにもうひとつ。

私が最初に挨拶することで

婚家へ向けて「私は一歩下がって
夫の後ろを歩くような嫁じゃあーりません」と
いうアピールをしたかったこと(笑)

くだらない理由もありつつの
「ひとこと語らせてくれ~」だったのです。

披露宴後、友人たちから
「花嫁が先に挨拶するなんて
初めてだったけど、
よしこらしい披露宴だった」と
口々に言われました。

披露宴での一番のこだわりはお料理で、
それも私達らしい披露宴だったと思います。

この12年の間には
よくも悪くもかなり様々な出来事がたくさんあり
そのたびごとに、夫婦で話し合い
周囲の助けもあり
ここまで歩いてきました。

本来ならば「夫に支えられて…」と
書くところでしょうが
私も影になりひなたになり夫を支えてきた…かも(笑)
(と、自分で書く(笑))

まあ、サポートバランスは
【夫7:私3】ぐらいだとは思いますが…。

それがちょうどいい塩梅なのかもです。

夫よ、いつか“花嫁からの手紙”ならぬ
“妻からの手紙”をあなたの前で朗読し
あなたを涙させましょう。

それがいつかはわかりませんがー。

ということで、
皆さーん、Have a peacefull Sunday!

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・
◆【櫻木編集部4月の企画】
櫻木よしこと朝ブログ♨(by Zoom)

①2022年4月5日(火)(満席御礼)
②2022年4月11日(月)
①②ともに9:00-10:30

詳細・お申込みはこちら↓
https://bit.ly/3Dv29fm

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
こちらではかなりぼちぼち発信しています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る