ブログ

約束を守れない人に対して私が取った行動とは。

●月●日にお返事します。

明後日には打ち返します。

というフレーズを
何かのことで皆さんも受け取ったり、
見かけたりすることがあると思います。

以前、1年間ぐらい一緒に仕事をした方が
このフレーズを毎回メールに書いてくるのですが
一度たりともそれが守られたことがありませんでした。

しかも、自分から書いた日付を
軽く2、3日はぶっちぎるという。
ひどいときは5日以上。
その間、連絡なし。

残念、無念。

仕事はデキる方でしたが、
約束した日程を守らない・守れない。

しかも出版業界で
特にこの「日程=締め切り」を守れないのは
どうなの???という疑問が
私の中でものすごかったです。

もちろん彼女に対する信用はゼロでした。

自分で決めた日程を
めちゃくちゃぶっち切りながら

私には「明日、打ち返してください」を
毎回、強いてくる。

こんな人は
“遅刻魔は絶対に直らない”のと同じタイプ。

ですので、私から仕事の契約を解除しました。

担当を変えてもらえば?
とも思いましたが

そういう人を野放しにしている会社なのだから
他の人もそういうタイプかもしれないな~と。

けっこうなビッグネームの会社でしたが

それよりも、私がもっと快適に仕事をしやすい場所を求めよう。

会社は他にないわけじゃない
という結論にいたりました。

毎回、気分悪く仕事するのは
とってもストレスです。

こちらが締め切りを守っても
どうせ相手はぶっち切ってくる。
それがわかりながら自分は締め切りを死守。

じゃあ、私も締め切りを守らなければいいじゃない?

いやいや、これまで締め切りだけは
落としたことがないという
編集者のはしくれとしての矜持があります。

誰かとの約束を守れなかったり、
お返事をズルズルと引き延ばしがちな人は
そういう癖があって、
それで生きてこれているから
どうも思わないのでしょうけれども、

確実に信用をなくします。

守れないなら、
その旨をまずは相手に伝えることから。

そして、そういう人とお付き合いする側も
自分がそこに合わせる必要はないのです。

自分のストレス軽減を第一に!

【生き生きと過ごすためのご案内】

来年にはちょっと終活とやらを
のぞいてみようと思っているあなたへ。

知らないからハードルが高いだけで
意外とすでにやっていることもあるかもです。

縁あって集う皆さんと
ご一緒してみませんか。

来年1/21(金)13:30-15:30
『みんなで一緒に書くエンディングノート講座』を開催予定!(残席3)
by Zoom

詳細・お申込みは↓
https://bit.ly/3Gi1A8O

現在、日本郵便の
「郵便局のみまもりサービス」
会員サイトで
終活記事の連載を担当しており、
エンディングノートの書き方の記事を公開中です。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る