ブログ

ジムで自分をガンガン追いつめられないひよこ期の私が願うこと。

ある日のジムでの出来事。

60代ぐらいの男性が
がっつりと体を動かすという格好でもなく
ジムに入ってきました。

そしてまっすぐに、あるマシンへと。

それは、腰に帯状のものを当てて
ブルブルさせるというもの。

私はこのマシンが何に効能があるのか
よく覚えていませんが

一度使ったときにブルブルしすぎて
気分がわるくなった思い出が(笑)

まあ、それはさておき

その後、腰をひとしきりブルブルさせた男性は

次は太ももからふくらはぎまでの
裏面をローラーでぐるぐるするマシンへと移動。

で、そこでしばらくぐるぐるした後
帰っていきました。

それを見ていたおばちゃまたちが
「ここはリハビリ施設じゃないのにね」と
言っていたのです。

確かに男性のそれは整形外科の
リハビリ室にありそうなものばかりを使用し、
そうと間違われても仕方のない動きでした。

が、そういう利用でもいいんじゃない?と思った私。

何かしら男性には
身体的な理由があるのかもしれません。

でも、それを少しでも良くしたい、
体をラクにしたいと思っているからきてるわけで…。

ジムはランニングマシンで
イヤホンをつけながらガンガン走ったり、

筋肉をつけるためのマシンで
何かに追い詰められているかのように鍛えたり

というイメージも強いのですが

そこまでガチでできない人たちも中にはいます。

はい、私です(笑)

何かしら体を少しでも動かすために
ジムへ行くというのが目標だったり

先述の男性のような方もいるでしょう。
(リハビリ的な目的であれば
もちろんその程度にもよりますが)

ですので、ちょっとストイックに
ガンガンできるようになるまでの
ひよこ期の私みたいな人たちを
どうぞ生温かい目でみていただけると嬉しいです~。

✨【後悔を減らすためのお知らせ】✨

新年に取り組みたいと思っていることの
ひとつが「終活」のあなたへ。
お気軽にご一緒してみませんか。

来年1/21(金)13:30-15:30
『みんなで一緒に書くエンディングノート講座』を開催予定!
by Zoom
詳細・お申込みは↓
https://bit.ly/3Gi1A8O

現在、日本郵便の
「郵便局のみまもりサービス」会員サイトで
終活記事の連載を担当しており、
エンディングノートの書き方の記事を公開中です。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る