ブログ

お客様の質問に答えるときに心に留めておきたいこと。

あなたが美容師だとして。

お客様が
「私、白髪がけっこうありますか?」と
尋ねてきたらどう返事しますか?
(実際、以前よりはお客様の白髪は
増えてきています)

① いやいやそうでもありませんよ。

② う~ん、そうですね。
前よりは増えてきてるかもですね。

私は現実を見たいので(笑)
美容師から見てもやはり増えてきているのなら
②の回答を望みます。

しかも自分でも増えてきているなと
思っているのにあるのに
①を答えられたら
その美容師に対してちょっとした不信感を
持ってしまうかもです。
「気休めを言われてるな~」なんて(笑)

しかし、人によっては
①を求める人もいるでしょう。

自分でも増えてきてるなと思っているのに
②を答えられたら
「自覚があるのになんだかショック」
となってしまうかも。

そう考えると、お客様の質問に対して
どのように返事するかは
相手のキャラを考えてというのが
とても大事だということがわかります。

この類の質問がきた場合、

なんでもバカ正直に答えるのが
必ずしも正しいとは限らない。

しかし、この質問には先があります。

お客様の白髪が増えているのにも関わらず
美容師が①を答えたら
そこから先には進みませんが

②を答えると
「じゃあ、白髪染めをお願いしようかな」と
なる可能性も高いのです。

売り上げのために②を答える。
という選択肢も出てきます。

そんなこんなをいろいろ考えたら
どう返事すればいいのー?って
なってしまうかもですね(笑)

そうなったら、
基本に戻りましょう。

「このお客様は
どういう返事を期待しているかな?」

そこを想像することです。

本音を言うことよりも
利益のみを追求することよりも

大切なのはお客様の気持ちに寄り添うことが
まずは大事で、
その姿勢が今後に繋がっていくことだと思います。

※昨日、ヘアサロンで
私の担当美容師の方との
話をヒントに書いてみましたー。

✨【後悔を減らすためのお知らせ】✨
新年に取り組みたいと思っていることの
ひとつが「終活」のあなたへ。

来年1/21(金)に
『みんなで一緒に書くエンディングノート講座』を開催予定!
詳細・お申込みは↓
https://bit.ly/3Gi1A8O

現在、日本郵便の
「郵便局のみまもりサービス」会員サイトで
終活記事の連載を担当しており、
エンディングノートの書き方の記事を公開中です。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る