ブログ

帰宅した夫にお茶を一杯入れてあげられないのはなぜ?

「仕事から帰ってきてもさ。
奥さんがお茶一杯入れてくれないんだよね。
なんだか虚しいな~て思うんだよ」
(ちなみに奥さんは専業主婦)

これは、もう10年以上も前に
男友達が言っていたことです。

その後、残念ながら彼は離婚しました。

まだその頃独身だった私は
彼が言ったそのことを
ずっと覚えていました。

実際に今、私自身は在宅で仕事をして

夫は片道1時間以上かけての
クルマ通勤をしています。
往復100kmぐらいを走る毎日です。

その大変さを“想像”すると

帰宅したときに
「大変だったでしょう、
今日もおつかれさま~」
という気持ちがあります。

会社勤務は在宅勤務のそれとは
また別の意味でいろいろなストレスが多いです。

自分も会社勤務経験があるので
それは簡単に“想像”できます。

なので帰宅したら
飲み物とお菓子を出し、

「今日はどうだった?
いつもと変わらず?」ぐらいの会話を
するのが常です。

私のその日の出来事を聞いてもらうこともありますが(笑)

これは何も夫婦間に関わらず

誰との関わりにおいても
“想像”をして慮るというのが

人間関係をスムーズにするものであり
あたたかい関係を築くことにも繋がるのかなと。

例えば、みんなで食事に行くときに
お店を決めて段取りをしてくれる人がいますが
それだって大変なことです。
お店探しをして、みんなに連絡をする
という時間を作っているわけですから。

「あの人はそういうことが好きだから」
というひとことで済ませる人もいますが
私はそうは思いません。

本当にありがとう。なのです。

こんなことは自分の日常にたくさんあり
見逃してしまっていることも多々。

それでも“想像”する努力だけは
少なからずやってみようと思うのです。

=======================
⭐️個人起業初心者の方もお気軽にどうぞ。

売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサルティング
https://bit.ly/38z0WFk

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る