ブログ

“第2の人生”というフレーズに違和感を覚える私が思うこと。

よく“第2の人生”というフレーズを聞きますが

最近、これに違和感を覚えてます(笑)

いやいや、第1とか第2とか
分けなくてよくない?と。

言っていることはわかるんです。

定年退職した人や

子育てが終了した人とか

それを区切りとして、新たな環境や
心持ちで人生を歩み始めることを
第2の人生と言う意味も。

なぜそこがひっかかったのかというと

私自身はフリーランスですし、
子どももいません。

なので、私の人生には
第1も第2もないな~と(笑)

はい、それだけです。

生きているともちろん
何かしらの節目があるわけですが…。

思うに定年退職して

「よーし!第2の人生がんばるぞ!」と
最初は声高らかに宣言した人も

その後、尻すぼみ的になっていく人が多いような…。
(あくまでも私見です)

体力的にも気力的にも
衰えがちだから仕方がない部分もあります。
それは自分が50代だから予想しやすいです。

以前、ある女性がこういうことを
言いました。

「私のこれまでの人生は今ひとつだったから
これからの第2の人生は何かいいことがあるはず!」と。

気持ちはわかります、
わかりますとも~(笑)

しかし、それもこれも
その人の心持ちと動き方次第だと思うのです。

何もせずに運を天に任せてはいかーん。

皆さんが言う第2の人生は
第1の人生の延長線上にあるわけで

まったく新しい人生ではないのです。

それは“リスタート”です。

人生はただ一度きり。

第1も第2もなく、ひとつの道の上を
歩いていくだけ。

歩いていく先々に大きな岩があったときに備えて
それをどける術を今のうちに身につけておくとか

沿道に花が咲いていたら嬉しいから
今から種を蒔いておくとか

できることを今から淡々とやるだけ。

自分には第2の人生がないことに気づいた私より。

=======================
⭐️個人起業初心者の方もお気軽にどうぞ。

売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサルティング
https://bit.ly/38z0WFk

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る