ブログ

亡くなった義母がエンディングノートに唯一書いていたこと。

義母が亡くなり四十九日が経過した昨日。

こういう状況なので大分へは行けず
私なりの供養をしました。

義理の両親の前で
「死」について語ることはタブーでしたので
私が終活カウンセラーであることは
一切伏せていて、今日まできています。

しかし、夫は自分でも
エンディングノートノートを書いたことから

その有用性を感じて、
数年前帰省した折に両親へエンディングノートを渡しました。

案の定、放っておかれてそのまま…。

その翌々年のこと。

義母が私にこう言いました。

「よしこさん、あなたたちからもらった
エンディングノートを
なくしてしまったんだけど

あれの中身を見たときに
「これは書いとかんといけんな」って
いうのがあったと思うの。

だから、今から一緒に買いに行って
選んでくれない?」と。

すぐに同行し、中身をチェックしながら
薄くて、書きやすそうなタイプを購入しました。

1年前に義母が倒れて
意識不明になったとき

家族が見つけた義母のエンディングノートが
テーブルの上に置いてありました。

書かれていたことは唯一、

“延命措置は希望しない”

ただそれだけでした。

しかし、これはとても大切な
義母の意思だったのです。

家族は口頭でそのことを聞いてはいましたが

本人の直筆だとやはり重みがあるというか、
ちゃんと尊重しようとなります。

義母のことがあってから、

私達が最初に渡したエンディングノートを
見つけ出した義妹夫婦が
それを義父に課題として書くようにお願いし、
書き始めていました。

何かコトが起きてから人は動くものですが

コトが起きる前に意思を書いていた
義母はさすがだったと思います。

不肖の嫁ではありますが
夫婦仲良く、時にはすったもんだしながら
暮らしていきますので
どうか天国で笑いながら見守ってください。

【お気軽に開催リクエストくださいね↓】

面倒くさいことを終わらせて
楽しく活きるエンディングノート講座
https://bit.ly/3mwsQtR

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【現在募集中です】

★終活の資格で仕事したいなら
それをやっている人に話を聞くのが近道!
第3回お気楽座談会開催!(無料)
https://bit.ly/3yo8pSW

★終活の資格を活用して
苦手な発信を継続し、講座も開催したい!方向け
人気終活ワーカー養成セミナー1期生募集中(残4席)
https://bit.ly/36WXUtz

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る