ブログ

身心が疲れたときに、たたみ一畳で“大の字”になる気持ち良さを知っていますか?

“大の字”になって体を大きく伸ばすことなど、意外とやらない。
っていうか、そういうことをやることなど考えつきもしない。

しかし、ここ最近になってそのポーズをよくやることが増えた。

私がやっているプラーナヨガは、ひとつのポーズをとったあと、仰向けになっていわゆる“大の字”になり(足をそこまで大きく開かないが)、体を緩め、しばしすべてを忘れて無になる。
それを繰り返していく。

そうすると手足がずーっと伸びていく感覚を覚えたり、体が地面と同化していくような気になったりする。

寒さ厳しい冬だと、ついつい体が縮こまってしまったり、体に力が入っていることが多い。

そういうとき、たたみ一畳ぐらいのスペースさえあれば、体を伸ばし“大の字”になれる。

“大の字”になると、体が伸びるだけでなく、自分が考えているあれこれを一瞬だけ宙に放ち、頭をからっぽにすることもできる。

最近、思うのだが、起きている間は、常に何かを考えているか、視覚、聴覚から何かしらの情報が入る。
脳みそもさぞ疲れるだろうなと。

すべてをシャットアウトして、大の字になると風の吹く音や雨の降る音が聞こえる。
何も聞こえないときもある。

そうやって5分ぐらい“大の字”になって過ごすのを、日々に取り入れるのはけっこうすっきりとできるからおススメ。
何も大自然の草原でとか、お花畑の中でなくてもいいのだ。

“大の字”になる気とたたみ一畳スペースがあれば、“大の字”になってみればいい。

ちょっとクセになりそうな気持ち良さだから。

・・・・お知らせ・・・・・・・

櫻木よしこセルフマガジン“Restart2”(無料)を読んでみたい方は、以下からお申込みください。

https://goo.gl/forms/FnaIS8OZe2TIhA5M2

デザイナーやイラストレーター、編集者を探している方は⇩

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る