ブログ

人間関係がこじれた時に考えたいコト。

人間関係がいったんこじれると
やっかいですよね。

親子、兄弟姉妹、親戚、
友人、職場の同僚、恋人、知人などなど
ありとあらゆる人間関係の中で
私達は生きています。

時にトラブルになったりするのは
ある意味当たり前。

以前、私はある職場において
上司との人間関係が良好とは言えませんでした。

私は私なりに「もっとこうすれば
雑誌が売れるのに!」
という意見を持ちながらも
上司に面と向かって言えずにいました。

上司は上司で私が時々、
企画会議などで
ある意味、彼を刺したりしていたので(笑)
生意気で関わりたくない部下
というイメージを持っていたようです。

互いに不満ありのパターン。

そして、それぞれが
「自分が正しくて、
相手が間違っている」と思っている。

各自の立場でそれは「正しい」のですが、
これだとなかなかコトは進みません。

こういう関係の場合、
わだかまりの解消は
無理なように見えるのですが

わだかまりは、話し合いをせずに
解消されることはないです。

こういう時

「どうせ、わかってはもらえないだろう」

「どうせ意見を言っても
聞いてはくれないだろう」

という感じで、
最初からあきらめてしまいがち。
だから話し合いにも進みません。

私がこの状況に陥ったときに
考えたことがあります。

「私は結局この人と
どういう関係になりたいのだろう?」と。

部署移動があるまで
とりあえず我慢するか~。
だったら、関係改善も必要ない。

でも、私が希望することを
遂行するためには
その人と良好な関係を保つことは不可欠で
売れる媒体を作るのにチーム力は大切だ。

そう思ったときにちょっと頑張って
関係を改善しようと思ったのです。

ここが自分で見えたときに
私から歩み寄りました。

相手のほうが悪いのにとか、
なぜ私のほうから?みたいなことは
どうでもよくなりました。

そうなったら、自分だけの感情や考えに
寄りそうのではなく、
なぜ相手は自分に対してそういう態度なのか、
何を大事にしているのかというところあたりも
考えました。

歩み寄っていくというのは
話をする機会を増やしたりというところからでした。

『その人と今後どうありたいのか』

ここが人間関係がこじれたときの
考えるポイントだと思います。

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る