ブログ

無意識のうちにあなたを縛っているものに気づいていますか?

私は、今けっこう垢が
溜まっているのではないだろうか?

昨日、コンサルをさせていただいた方との会話からふとそう思いました。

垢といっても現実的な垢ではなく(笑)

無意識に自分を縛っている
考え方や行動の垢です。

女であり、子どもであり、
妻であり、母であり、
50代であり、役職であり、
会社員であり、フリーランスであり
日本人であり…などなど

皆さんを縛るものも
あれこれあるのでは。

何かにがっつりと縛られている自分を感じますか?

この縛りに付随する
「こうであるべき」的な常識に
いつしか自分を当てはめてしまっているわけです。

怖いですね~

怖いですね~
(大事なことなので2度言います(笑))

海外で暮らしているときは
多国籍人種の環境だったので
価値観がそれぞれ違いますし、

「こうであるべき」
「これが一番正しい」
なんてどこにもありませんでした。

私自身が日本人である前に
「私」だったと思いますし

それを尊重される世界だったので
意見は主張しました。
(そうでなければ生きていけない感じ)

何事にも各種縛りよりも
「自分」がベースにあり、

やりたきゃやるし、
やりたくなきゃやらない。

これが基本。

※もちろん犯罪や人道的にどうなのか?という
一線はあってのことです。

日本では特に「いい年をして何してるの」的な
年齢的縛りをけっこう気にする人もいるように感じます。

「本当は●●したいけど、
それって子どもが楽しむものだしな~」みたいなこととか。

私は自分が「やりたい!」と思ったことは
できるだけやるタイプです。
それが周囲にあまり迷惑をかけないだろう範囲でですが。

画像の雪作業@福島県郡山も
「ぜひに!」とやらせていただいたもの。

鹿児島ではこういうことできないですから(笑)

しかし、これも外国人居住率が低い日本においては
意識しなければ、ちょっとずつ
押しつぶされてしまいそうになる感覚でもあります。

どこを向いても日本人という「人の目」がありますから。

あー、“垢”がこれ以上溜まらないように
そして“垢”を落としていくことも
それはそれで楽しんでいこう!

とういことで、みなさーん、
Have a peacefull Sunday!

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・
【開催リクエスト募集】
あなたが今、亡くなったら
残された人が困ることはありませんか?

◆『みんなで一緒に書くエンディングノート講座』

お気軽に以下から開催リクエストをどうぞ。
リクエストした方にご迷惑はおかけしません。
https://bit.ly/3rw9yFM

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
こちらではかなりぼちぼち発信しています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る