ブログ

何かやらかしたときにそれを引きずらない方法とは。

例えば、スーパーAにお買い物に行って
野菜が高い時期に
小松菜が138円で売っていたので
「お、これは安いかも」と思い、買ったとします。

その後、Aから車で5分の別のスーパーBで
同じ小松菜が98円で売っていました。

そういうとき、あなたはどうしますか?

① スーパーAへ行き返品し、Bで購入する

② 「えー、めちゃくちゃ悔しい!!!」と後悔しまくる

③ 「ま、仕方ない」とそこで終わる

さ、どれでしょう?(笑)

私は③です。

そもそもあまりひきずらないタチなのかもしれません。

こういうことは日常の中で
よく起きていますけれども、

最近、よく思うのが
後悔は無意味だということ。

こういうことをしなければ

これがあれだったら

みたいな「タラレバ」もありますが

それも単なる繰り言にしかならなくて無意味。

まったく思わないでもないし
言わないということでもありません。

言うときは、

「あ~あ、やっちゃったー!」と
大きな声で言ったりもします(笑)

けれども、その後、
それを引きずることはありません。

だって、何かを買うことも
することも、その時々の自分の判断で
やってきてることなので。

それをずっと引きずっていたら
その判断をしたダメダメな自分を引きずることと同じです。

起きる(マイナスな)出来事に
いちいち、「あーどうしてそんなことに~」と
ひきずられまくっていたら
今ここにある目の前の案件に対しての
未来の自分の判断が鈍るからです。

よくやらかしています、私も。

でもそんなときには

「いやいや、これぐらいでよかった」

「高く払った分は経済を回しているということで」

などと思い、

「はい、おしまい」と区切りをつけています。

その都度、小さいけじめをつける癖をつけることが
もっと大きなやらかしが起きても
それを引きずらなくて済むコツです。

♥画像は伊勢神宮から
車で40分の「瀧原宮(たきはらのみや)」にて。
瀧原宮でハートの石を見つけると
願いが叶うと言われているので皆さんにもおすそわけを✨

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
こちらではぼちぼち発信しています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る