ブログ

誰かについアドバイスしたくなったときに考えてみたいこと。

何事も自分事となると
見えなくなりがちです。

これが他人事となると冷静になって、
判断できたりします。

そういう経験はありませんか?

そして“アドバイスする”という流れもありますが、

この“アドバイス”を
すっと受け入れられるときと

受け入れがたい

というときがあると思います。

ここの違いな何なのか? を考えてみました。

それはひとえに

お互いの信頼関係によるところも
大きいように感じます。

対して信頼関係もなく
ましてやそんなに親しくもない人から
何かのアドバイスをされても、
「う~ん」となってしまいませんか?

とりあえず「ありがとう」は言うものの。

なぜあなたからそんなアドバイスを?と。

そして、それはときに
余計なお世話になりがちです。

私自身は、よっぽどのことでないと
私からアドバイスというか、
何かを提言することはあまりありません。

求められれば話は別ですが…。

求められればそれを求めた人も
聞く耳を持っているでしょうから
こちらの意図もまだ伝わりやすいです。

しかし、求められてもいないのに
アドバイスするのは
単なるおせっかいでしかないと思うので。
(あくまでも私見です)

そんなものを相手がすんなり受け入れてくれるのか…。

それはアドバイスした側の
自己満じゃないのかな?と思ったり。

私も誰かから
アドバイスされることがあります。

え? なぜあなたがいきなりそんなことを???
ということもこれまでには何度かありました(笑)

そういうときって
軽い事故にあったような感じです(笑)

しかし、これまでを振り返ると、
やはり私が大切にしているのは
「信頼関係」がしっかりと構築されている人からのアドバイスです。

だから、誰かに「アドバイスしたいな」と
思うときがあったら、
自分とその人の信頼関係をまずは見てみませんか。

ひと呼吸置くって大事です。
=======================
⭐️個人起業初心者の方もお気軽にどうぞ。

売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサルティング
https://bit.ly/38z0WFk

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る