ブログ

“どうせ私なんて…”と思っているならやってみて欲しいこと。

「どうせ私なんて…」が口癖ではなくても
心の中でうっすらとそう思っている人は
少なからず存在しているのではないでしょうか。

「どうせ私なんて…」となった経緯は
人それぞれなので
そこに触れる気はなありません。

ただ、何かコトを起こすときに

「どうせ私なんて…」と思っているAさんと
そうは思っていない(だろう)Bさんのお話を

数年前に相談を受けた内容をもとに
ちょっと内容を変えてご紹介します。

AさんもBさんも
同じ業界で個人起業しはじめました。

同じような段階を踏み
集客をがんばっているある時に

「どうせ私なんて…」のAさんはうまく集客できず

そうではないBさんは数名集客できました。

すると、Aさんはうまくいかなかったことを
こう解釈しました。

私よりもBさんが人気がある

私よりもBさんは行動力がある

そうやって、Bさんと自分を比較し
「どうせ私なんて…」に
直結させてしまうという流れに。

そして、動くことをやめてしまったAさん。

たった一度の集客案件だったのです。

しかも、二人とも
個人起業し始めて間もないとき。

AさんのこともBさんのことも
知る人が圧倒的に少ない状況。

たまたまBさんが
少しだけうまくいっただけ。

冷静に見たら、
まだまだこれからの時なのです。

それなのに、
「どうせ私なんて」に逃げてしまったAさん。

私はもったいないなーと思いました。

「どうせ私なんて」に逃げるのは簡単。

でも、少しでも多くの人に
自分という人間を
知ってもらう努力をしてみてからでも遅くはなかったはず。

周囲から見たら、AさんもBさんも
同じぐらいの感じなのに
当事者のAさんだけが過敏になりすぎてしまい…。

Bさんだって、個人起業しはじめたばかりで
不安と自信のなさは
Aさんとそう変わらなかったはずです。

条件はほぼ同じ。

ただ、うまくいかなかった場合、
出た結果をどう受け止めるか。

早急に結論づけてしまうのか。

(初回の集客案件において)
Aさんが集客できなかった一因は
「Aさんってなんだかいい感じよね」
という人に出会わなかっただけかもしれません。
※もちろん原因は他にもありますが…。

だったら、自分のことを
好ましく思ってくれる人に出会うまで
努力を“継続”してみませんか。

(個人起業している場合)
「どうせ私なんて…」以前に

多くの人が地味にコツコツと
努力しているわけです。

「どうせ私なんて…」から脱却したければ
まずは“継続して”動いてみること。

そもそも「どうせ私なんて…」って思うこと自体、
それまで生きていた自分に失礼だと思うのです。

あ、ちょっとスパイシーだったかな?

=======================
⭐️個人起業初心者の方もお気軽にどうぞ。

売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサルティング
https://bit.ly/38z0WFk

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る