ブログ

セルフマガジンプロデュース第1号を制作してみてわかったクライアント目線と制作サイド目線とのバランス

個人版会社案内または最強の営業ツールと呼び声も高い“セルフマガジン”は、セルフブランディングの究極の形だ。

今回、編集者の私とデザイナーの西溜美和さんがユニットを組むセルフマガジンプロデュース『POWER for Restart』として初めて自分たちのもの以外のセルフマガジン制作を手がけたわけだが、ここで裏話をちょっとお伝えしたいと思う。

クライアントは大阪在住のパーソナルインストラクター・川崎加代子さん

川崎さんは過去、自身で4冊もセルフマガジンを制作してきた経緯がある。

今までのものでは満足していないという川崎さんがもっと上を目指しがむしゃらに進む姿を見て、そのがんばりが形になるようなお手伝いができるマガジンとはどういうものだろうと考えた。

例を一つ上げると、”彼女が提示しているサービス料金に対し、他人は彼女に対してどういうイメージを持つだろうか?“ということから始まった。

そういう部分も含めて私たち制作サイドからの提案(撮影時の服装・ヘアスタイル等)もさせてもらったが、それはこちらからのゴリ押しではなく、それを取捨選択するのは彼女自身。けれども、こちらも常に「イエスマン」ではない。

制作途中、こちらからの提案に彼女からのとまどいめいた声も挙がったが、そこを私たちも無視することなく拾い上げ、あくまでも「これは川崎加代子という人のセルフマガジンなのだから」ということを念頭に話し合いを重ねつつ、進めていった。

セルフマガジンをプロデュースするということは、私たちにとってはひとつの作品を仕上げること。

しかし、クライアントにとってそれは唯一無二のものだ。

だからこそ「セルフマガジンがクライアントの強い味方になりますように!」と思いながら、どうすればそれが叶うのかを考える。

それぞれのセルフマガジンに託すクライアントの想いと活かし方をできるだけ汲み取って、オリジナリティあふれるものを「編集者+デザイナー」でこれからも創っていきたいとの想いを新たにした。

すでに、セルフマガジンプロデュース『POWER for Restart』は、ありがたいことに次のマガジン、そしてその次の…と注文をいただいている。

その一冊ごとに私たちもドキドキと面白さを見つけながら、進んでいく。

まずは、世の中に『POWER for Restart』からセルフマガジン第一号を出せたことに嬉しさを感じている。

それも私たちに期待を寄せ、オーダーしてくださった川崎さんがいたからこそ。この場を借りてお礼申し上げます。

川崎さんも今回のセルフマガジン制作についてはブログで紹介くださっています⇒こちら

セルフマガジンプロデュース『POWER for Restart』については⇒こちら

セルフマガジンを作りたいけれども、何から進めたらいいのか…と迷う方には、以下の講座をご紹介!

★2017/4/18(火)“セルフマガジン制作スタートアップ講座@東京”を開催

詳しくは⇒こちら

そして、セルフマガジン制作を途中まで考えている方には、以下をご紹介!

 

★2017/4/16(日)かさこ塾フェスタ東京に出展します!

「セルフマガジン制作アドバイス」で出展(残席1)~予約・詳細等は⇒こちら
開催日時:2017/4/16(日)10:00~18:00
場所:東京文具共和会館2階
住所:東京都台東区柳橋1-2-10
交通:JR浅草橋駅から徒歩3分(秋葉原の隣の駅)
セルフマガジンの骨組み(構成)のアドバイスが欲しいという方へ、オンラインで「制作アドバイス」もしております⇒こちら

★セルフマガジンプロデュース『POWER for Restart』を開始!

セルフマガジンの制作依頼を検討中の皆様へおススメのサービスです⇒こちら

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る