ブログ

頭の中だけで思い出すということではなく、自分の振り返りができる術を知っていますか?

{E0D76B8F-7EE1-4E7C-9BF3-C8F0010BED5B}

日々の生活の中で、仕事についても
家族についても、人間関係についても
抱えている悩みについても考えず、
自分のことだけをトータルで見つめる
時間を持つことは、ほぼないに等しい。
というより、自分のことを見つめるって
一体どうやって?
自分を振り返るって、一体どうやって?
何かガイドしてくれるものがなければ
曖昧な感じがして、しかも何から
どう考えればいいかわからない。
今日、“私のエンディングノート入門”
講座に参加してくださった30代、40代
の方々から「自分の振り返りをしたい」
というリクエストをいただき、講座を
開催した。
“終活”そのものというよりも
その一部である“振り返り”をメインに
ということだが、
私は“自分を振り返る”ということは、
“自分の中に今後に活かせる材料を
見つける”ということと定義づけた。
小さい頃から今までを思い出すことだけ
に終始せず、エンディングノートに
書いてある一連の流れを時間内でずっと
追ってやってみた。
「財産」や「葬儀」のことなど、思いも
しないアプローチから、自分の本音が
があぶりだされるからだ。
そして、自分のこれまでの人生の流れを
グラフ化する作業も。
そうすることで、今必要なこと、そして
今後に対し、考えなければ、備えなければ
ならないことが現実味を帯びてくる。
そういうことを丸ごとひっくるめてが
振り返りではないだろうか。
自分の過去だけを思い出したいなら、
アルバムを見ればいい。
参加者から
「生きることをリアルに考えることができた」
「人生に行きづまった方にエンディングノートを勧めたい」
「自分が死を迎えるまでたくさんのことが
まだまだあるのだ。生・死とは同じくらい
大変かなと思った」
「今、元気にこの世を生きている人に
エンディングノートを勧めたい」
という感想をいただいた。
2時間では足りないのかもしれないが、
その2時間にぎゅっと凝縮して、自分の
ことを考えてみる。
そして、エンディングノートとは、一気に
書くものではなく、自分が少しずつ
思ったことを書き綴っていくもので
講座はきっかけに過ぎない。
すべては、その後、少しずつ積み重ねて
いくもの。締め切りは特にない。
「終活を始めるのに年齢は関係ない」と
改めて思う。
「終活ってまだまだ自分がやるような
年齢じゃないから」という人たちは
やがて時代遅れとして扱われる日が
そう遠くないうちにやってくるはずだ。
◆リクエストベースでやっています。
“私のエンディングノート入門講座”
終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
11/16(水)10:30~12:30(残席5)
◆エンディングノート②
http://110010.jimdo.com/

編集者・ライター 
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
         
              櫻木よしこ
かさこ塾フェスタ名古屋に
“セルフマガジン編集アドバイス”
として出展!(残席3)

予約・詳細は⇒こちら
日時:2016年11月26日(土)
   10:00~18:00
場所:Space D (A Hall)
住所:愛知県名古屋市中区新栄2-1-9
雲竜FLEXビル西館5F 
交通:地下鉄東山線・新栄町駅2番出口徒歩2分

※名古屋フェスタまで待てないと
いう方は、以下にオンラインでの
「編集アドバイス」の案内もありますので、ご参照ください。
◆櫻木よしこインスタグラム:
https://www.instagram.com/yoshikosakuragi/
櫻木よしこ“IDEA + TOOL for Restart”
・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
image

◆よしこマガジン“Restart”(無料
配布)を希望される方は以下の内容
を記入し、お申込みください。

お申込み⇒http://goo.gl/bFuxEW

①氏名
②メールアドレス
③住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号
を忘れず
、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。

※発送までにしばらくお時間いただき

ますこと、ご了承くださいませ。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*・・・*
【編集・ライティング関連のお知らせ】

★セルフマガジンの“編集アドバイス”
(オンライン)いたします!

関連記事⇒http://ameblo.jp/syd1990/entry-12145443366.html
お問い合わせ

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る