ブログ

終活業界において、普通の私でよかったと思えた出来事。

「櫻木さんの本業が
終活と関係ないからいいんですよ!」
と言われたことがあります。

一瞬、「え?」と思ったのですが
その理由は「なるほど」なものでした。

それは、私が一般の方々を対象に
終活の講演のお話をいただいたときに
言われたものです。

私の本業が終活に絡むもの、

例えば行政書士などの士業だったり

ファイナンシャルプランナーや
葬儀社のスタッフだったとして。

そうすると、
私の背景にそれがちらつくので
聞いている人たちも

「結局、講演をそっちに誘導すると
思ってしまいがち
(自分のビジネスに繋げていく)」と
いうことらしいのです。

だから、本業が終活と関係のない私だったら
(編集者や個人起業コンサル)

聞くほうも「何かを売りつけられるだろう」
という不安(不信感)もないはずというのが
依頼者の思惑でした。

私としては、

へぇ~そういう見方もあるのか。と

ある意味、目から鱗でした。

どちらかというと、
終活業界において、
本業もしくは今までの仕事が
終活にまったく関係がないというのは

専門性がない感じがして
私としては正直「私ってどうなんだろう」と
思う部分もありました。

でも、だからこそ普通の私だからできる話、
言えることを言えばいい。
とある意味、開き直っている部分もあります。

依頼してくださった方は
ネットで私を見つけてくださり
プロフィールはもとより、

終活関連のブログ記事から
私にどういう感じの話をしてもらえそうか
というのをおおよそ予測されていました。

「あの記事みたいな内容をお願いしたいのです」と。

専門知識を極めて話すというよりも
“終活のハードルを下げてくれそう”
というイメージだったとか。

ありがたや~。

終活業界において
ふつーの私で良かった!

たまには普通が強みになるときもあるのです。

・・・*・・・*・・・*・・・*・・・

【募集開始 / 今年こそは
エンディング講座を開きたい方向け】

◆エンディングノート講座の作り方&
やり方セミナー開催(by Zoom)
2022年3月8日(火)
13:30-16:30

詳しくは以下からどうぞ
https://bit.ly/3Hr8h9V

【開催リクエスト募集】
あなたが今、亡くなったら
残された人が困ることはありませんか?

◆『みんなで一緒に書くエンディングノート講座』

お気軽に以下から開催リクエストをどうぞ。
リクエストした方にご迷惑はおかけしません。
https://bit.ly/3rw9yFM

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
こちらではかなりぼちぼち発信しています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る