ブログ

見返りを求めないために自分が意識したほうがいいこと。

FacebookでAさんの投稿に
「いいね」をするのに
Aさんは私の投稿に「いいね」をしない。

Bさんのイベントを手伝ったのに
Bさんは私のイベントを手伝ってくれない。

Cさんに何度か奢ったことがあるのに
Cさんは私に奢ってくれない。

このような例は世の中にごまんとありますよね。

何か思い当たったりしませんか?

“●●したのに(してあげたのに)お返しがない”

みたいな話です。

最初からリターンを求めているから
(無意識の場合もあるかもしれませんが)
そういう気持ちになるわけで

そもそもリターンを期待しなければいい。という。

とはいえ、人間ですから~。

という話もありますよね。

でも、このことは意識しないと
なかなかクリアにならない案件だと
個人的には思います。

それには、これがポイントです↓

「自分がしたいからするんだ」です。

行動を起こすときにはっきりと意識すること。

これだけでもだいぶ違ってきます。

すべての責任は自分にあるからです。

だから、相手から見返りがなくても
「自分がしたいからしたんだもんね」と
思うと、相手に対してイライラしたり
そもそも期待しなくなります。

しかし、その先があります。

「自分がしたいからする」のですが
だんだんとその気持ちが
冷めてくる時がくるかもしれません。

見返りを求めないと思っていても
その関係性ややりとりなどから
うっすらと何かモヤモヤが
蓄積されてくることがあるやも。

そうして、気持ち良くできなくなったら
その際は「したくなかったらしなければいい」です。

したい時もしたくない時も

自分の気持ちファーストで。

損得勘定で動くと
ロクなことにはならないですよねー(笑)

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る