ブログ

「子どもに迷惑をかけたくない」という想いでお墓を決める前に~お盆シリーズ②~

昨日から「お盆シリーズ」と銘打って
お墓のことについて書いています。

今日は、最近よく見聞きする
「子どもに迷惑をかけたくない」を
ベースにしたお墓選びについてお伝えしたいと思います。

継承するお墓がある・なしに関わらず
自分の遺骨をどうするかは
いずれのときにか考えなければならないことでしょう。
(残された人がどうとでもしてくれるという人は
この際、わきに置いておきます)

そのときに、お子さんがいる場合

「子どもに迷惑をかけないようにするには」を
考える方も少なくないはずです。

その選択肢のひとつとして

海洋葬や樹木葬といった
自然葬を選ぶ方もいます。

または墓じまいや
永代供養墓を選択する方も。

永代供養墓は、お墓の管理を霊園がしてくれて
他の人の遺骨と一緒に合祀されるのが一般的です。

残された人にとって、

海洋葬は手を合わせる対象が海であり

永代供養墓は代表の墓石に手を合わせるということになります。

そうなると、どこか曖昧な感じが残り

「しっかり供養したい」という気持ちが
強い人にとっては物足りないことにも。

残された人たちにとっては
お墓や納骨壇が心の拠り所になる場合もあります。

ですので、「子どもに迷惑をかけたくない」
という気持ちが強すぎて

親が勝手に「墓じまい」に近いようなことをしてしまうのが
子どものために絶対にプラスとは言い切れない部分もあります。

そういうことからもお墓については
子どもの考えや気持ちもよく聞いてから
双方が納得のいくカタチをとることをオススメします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【現在募集中です】

★終活の資格を活用して
苦手な発信を継続し、講座も開催したい!方向け
人気終活ワーカー養成セミナー1期生募集中(残4席)
https://bit.ly/36WXUtz

★そのセミナー(↑)は本当に大丈夫?と不安な方向け
終活ワーカー養成セミナー説明会開催!(無料)
https://bit.ly/36WXUtz

※いずれの参加も資格を取得した
協会、団体は問いません。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る