ブログ

「ちょっと話があるんだけど」というフレーズに慎重になる理由。

皆さんの中にも友人・知人から
「ちょっと話があるんだけど」と
話をもちかけられることがありませんか?

この“ちょっとの話”って
いったい何だろう?と思ってしまうのは
私だけでしょうか(笑)

もう何年も前に知人から
「ちょっと聞いてほしい話があるんですけど、
時間作ってもらえますか?」
というメッセージをもらったことがあります。

仕事が立て込んでいた時期でしたが
時間を作って出かけた私。

「時間を作ってもらえますか?」
というぐらいだから
何か深刻なことなのかなと。

仕事の相談とかかな?と想像したりして。

すると何のことはない。

ある人に対する愚痴だったのです。

私はその愚痴を2時間ほど聞かされ続けました。

私が口を挟む余地など何もなく。

ひたすらに傾聴。

ものすごく苦しすぎました。

途中から半分ぐらいはちゃんと聞いていなかった私です。

「その愚痴を聞くのは別に
私じゃなくてもいいよね?」

「この時間があれば
あの仕事ができたよね」など

様々なことが頭をよぎりました。

最後に言われたことは
「あなたに聞いてもらってスッキリした」。

なんか、鈍器で頭を一発やられたぐらいの衝撃。

え? え?

だったら最初からそんな深刻そうな
アプローチじゃなくて、

「愚痴を聞いてほしいんだけど」って言ってよー。と。

誰かに相談に乗ってもらうということは
その人の時間を自分が使ってしまうということ。

そのことについて
自分もすごく考えさせられた出来事でした。

それ以降、「ちょっと話があるんだけど」
というあらたまった持ちかけについては、

「どういう類の話?」というのを
尋ねるようにしています。

逆に自分が持ちかけるときも

「●●なことでちょっと相談があるんだけど」と
言うようにしています。

そして、自分の相談ごとは

「愚痴とか自分が言いたいことを
単に聞いてほしいだけじゃないよね?」と
自分に念押ししています。

“相手の時間をいただく”行為だから
ちょっと慎重にいきたいところです。

愚痴を聞いてほしいなら
その関係性にもよりますし

「ちょっと愚痴聞いて~」と
最初から言いましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 サービスのご案内】

※すべてオンライン(ZOOM)提供可。

♦終活の資格を生かせていない方向け
人気終活ワーカー養成セミナーこちら

♦売れる強みを知って
売り上げに繋げるコンサル

個人起業初心者の方もお気軽に↓をクリック

♦【記事添削付き】集客をサポートするブログの書き方講座→こちら

♦実際に書く2時間!エンディングノート入門講座→こちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★執筆記事連載 住友林業リフォームサイト
これからの暮らしが豊かになる、50代からの”終活”のススメ

★“LINE公式アカウント”をやっています。

ここからの各種、お問合せもOKです!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る