食について

  1. 朝獲れの魚をふんだんに使ったランチが魅力の“産直魚群島 じんべえ”@鹿児島

    前から一度、ランチをしたかったお店“産直魚群島 じんべえ”へ足を運んでみました!開店時間の頃には、オープンを待ちわびるお客様がお店の周りをうろちょろし、「今日も私はやっぱり海鮮丼かな」などと期待まじりの声が聞こえてきました。

    続きを読む
  2. ハード系のパンが充実しているベーカリーがあまりない中、久々に見つけました@鹿児島

    “パンはハード系に限る!”というのが自論です。だから、ハード系のパンが置いていないベーカリーにはまったくといっていいほど足を運びません。バゲットとかブール、カンパーニュ、ミッシュブロート系、あとハード系にカテゴライズされるかどうかはわからないけど、ベーグルも好きです。

    続きを読む
  3. 「あなたは何の食べ物が好きですか?」と問われて、すぐにすべて答えられますか?

    友人からいただいたかりんとうを食べながら、「私って硬い食べ物が好きだよな~」って、ふと思いました。あられとかおかきとかも、本気で硬いタイプのものが好きです。歯が折れてしまいそうなほどの。パンももちろんハード系。ジャガイモも硬め、パスタもアルデンテ手前ぐらいが好き。

    続きを読む
  4. こういうことが「好きを仕事に!」に繋がるんだと見せてもらった食い倒れの一日。

    昨日からの続きで11.5代目といくウマウマグルメツアーは、スイーツも忘れてはいません。写真は、アツアツの焼き芋にソフトクリームがトッピングされている、“あっちん”¥400食べる前は、甘すぎるのかなとちょっと思ったりしましたが、食べ始めると違う甘さの融合なので、それはそれでアリの美味しさだと納得。

    続きを読む
  5. 鹿児島の旨い店について大いに語る、歩く“食の殿堂”有村康弘氏ここに極まれり!

    昨日は、まだ桜島に行ったことがないというかさこさんとともに、かさこ塾鹿児島塾生は“春の遠足in大隅半島”ってことで遠足を敢行しました!で、今回の立役者はなんといっても通称“11.5代目”こと、有村康弘氏でありました。本業は“株式会社 住まいず”の代表取締役です。

    続きを読む
  6. また、足を運びたくなる居酒屋見つけました! “キング オブ チキン”@鹿児島

    「チキンなんちゃらってなかなかいい居酒屋だよ」って噂には聞いていたお店がありました。その名も“キング オブ チキン”。その名前を聞いただけで、チキンが苦手な私は、スルーしておりました。

    続きを読む
  7. グラタンの魅力は、あのきつね色にこんがりと焦げた部分にあると思いませんか?

    “グラタン”の何が好きって、やはりそれは、表面のこんがりとした“焦げ”の部分ではないかと、昨晩、食べる際に、まじまじと思ったわけです。そして、焦げたチーズと生パン粉が食欲をそそるなんともいえない香りを放って。

    続きを読む
  8. 数の子を食べないお正月なんて。

    私はおせち料理の中で“数の子”が、一番好きです。人生最後の食事には数の子を入れたいぐらいに好きです。

    続きを読む
  9. 無農薬りんごの楽しみ方

    東京の叔母から無農薬りんごとともに、皮ごと味わえる簡単レシピを教わりました。レシピというほどでもなく、りんごチップスを作って、サラダにトッピングする、ただ、それだけのことです。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。

最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る