ブログ

“土用の丑の日”で知られる“土用”の意味を知っていると、難を逃れることがあるかもしれません。

{0C84F749-2809-4347-9735-DC6D60A95956:01}

“土用”と言えば、“土用の丑の日”で
よく知られていると思いますが、実
は、“土用”の期間って年に4回あると
知っていますか?
私は知りませんでしたが、8年ぐらい
前に友人に教えてもらいました。
以降、何か事を起こす時などは、ふと
カレンダーでチェックしたりし、
常に土用の時期に入ったら、いつも
以上に気をつけています。
と言いますのも、私自身“土用”の
期間に過去6年間で2度も交通事故
に遭っているからです。
幸いなことに命に別状はありません
でしたが、この程度で済んでよか
ったという状況ではありました。
土用とは、そもそも何なのか? と
言いますと、
中国から伝わった陰陽五行説において
は、すべてのことを、木・火・土・金
・水に分類して考え、季節をそれぞれ
の要素にあてはめていました。
つまり、春は「木」夏は「火」秋は
「金」冬は「水」と。
そして、どこにも分類されない「土」
が支配する時期として、各季節の末
の約18日間を“土用”としたのだそ
うです。
春土用→毎年4月17日前後~5月5日前後まで
夏土用→毎年7月20日前後~8月6日前後まで
秋土用→毎年10月20日前後~11月6日前後まで
冬土用→毎年1月17日前後~2月3日前後まで
つまり、立春、立夏、立秋、立冬前の
約18日間のことです。
この“土用”の期間は、気をつけたほ
うがいい(しないほうがいい)と言わ
れていることがあります。
“土用”なだけに土いじりの他、
地鎮祭や開店、開業、結婚、結納、
新しく物事をスタートさせたり、
契約、旅行、引っ越し、重要な
会議等です。
平たく言うと、この時期は、人間
の気力や体力も落ちて、判断力が
低下したりするので、ろくなこと
がないと言われている故です。
“土用の丑の日”になぜウナギを
食べるのかというと、やはり夏の
“土用”が一番体力が必要だから
という説もあります。
明日からは、今年の冬土用がはじ
まります。終わりは2月3日の
節分です。
まあ、信じるも信じないも人それ
ぞれだと思いますが、知っていて
損はない先人の知恵だと思います。
上級終活カウンセラー
エンディングノートの書き方講師
編集者・ライター  
                   
             櫻木よしこ
“40代のエンディングノート”@サンエールかごしま
1/30(土) 10:00~12:00

goo.gl/rKaOQ8
エンディングノートを一緒に書いてみませんか?
※希望日時は応相談。
goo.gl/rXlcnS
★鹿児島でかさこ塾決定!
2/8(月) 2/22(月) 3/7(月) 3/22(火)<全4回>

http://kasakoblog.exblog.jp/23880416/
終活ワークショップ Petit shu(プティ シュー)
1/19(火)10:30~12:30
goo.gl/k1N91s
あなたからの最後のメッセージを会葬礼状に託しませんか?
自分で用意する会葬礼状【こころの置き手紙】

http://oki-tegami.jimdo.com/

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る