ブログ

以前は仲が良かったのにどうして?それは生きているから。

前は仲良かったし、
わりとやりとりもあったのに
最近、そうではなくなった…
という人がいませんか?

またはそういう経験がある。

おそらくひとつか2つぐらいは
皆さん経験があると思います。

そういう時って

なぜだろう?

私が何か気に障ることをした?

相手に何か思うことがあった?

などと、自分の中で
いろいろなことを想像してしまいます。

私もそういうことを
何度か経験していますが
あれこれ自問自答するばかりで
スッキリする解答にたどり着くこともなく…。

悶々はつづく(笑)

で、どうすればいいのか?

ほっとく。

これに尽きます。

だって、自分が悪いと思い当たるフシがないのなら仕方がない。

もし、自分が悪くて
相手を傷つけてしまっているとして、

でも、自分でそれに気づけないのですから
これはもう仕方がない。

相手も「あなたがこういうことを言ったから
傷ついたのよ」と言ってくれないのなら
永遠に疎遠になった理由は闇の中。

だから、なんだか疎遠になってしまった人を
いくらこちらが思っても
どうしようもないのです。

または相手が変わってしまって
その変化に自分が気づけず
うまくコミュニケーションがとれなくなって…

ということもありますし。

気の合う人との人間関係は貴重なものですが、

何かしらが原因で
またはどちらかの変化が理由で

それまでは合っていた“気”が合わなくなる。

生きていれば当たり前のこと。

生きているから
誰も変化を止められない。

相手が変わったように見えて
実は自分が変わっているのかもしれません。

今の自分と“気”が合う人と
お付き合いをすれば
ストレスもあまり感じずに済みますよー。

それでもそこに固執して

相手の機嫌を取るために
他者を出し抜いたり

気に入られるためにお金を遣ったり

という人を見ますが、

愚の骨頂というもの。

周囲には見えています。

人とのお付き合いはそういうものじゃない。
(と個人的には思います)

人とのお付き合いは
川の流れに浮かぶ笹舟のように思います。

自分が笹舟に乗って流れていると
同じような流れで横並びになる人がいて、

「お!しばらく一緒にいきますか~」ってなる。

そして、急流になり、相手の舟のほうが
早く流れていってしまって、
「さよなら」も言えずにピューッと距離ができて。

または、ちょっと転覆してしまって
それを助けてくれる人がいて、
仲良くなったり。

そんな感じかな。

そんな感じで、私はこれからも川を流れていきます。
(いきなりの宣言(笑))

あ、または川辺でお昼寝してるかもです。

ということで、みなさーん
Have a lovey Saturday!

※画像は伊勢神宮内宮の五十鈴川です。

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
こちらではぼちぼち発信しています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る