ブログ

「話せばわかるって」は本当にそうだろうか?

「話せばわかるって」
というフレーズがあまり好きではありません。

良い関係ではない2人の仲を
取り持とうとするときに
それぞれに対してこれを言う人がいます。

おせっかいおばさん的な人。

それを言えるのは
「私は両者のことも
両者の言い分もよくわかってる」
という自己満足でしかないわけで…。

両者間に流れる確執や闇の深さなど
誰にも推し量れないと個人的には思うので
軽々しく「話せばわかるって」とは、私は言えません。

そもそも話すというのは
両者が話し合いの“場”について
初めて可能になるということ。

片方が一方的に話すのは
「伝える」という意味でしかないから。

話し合いの場にさえも
つきたくないのだから、
そもそも「話せばわかる」というのは成り立ちません。

どうにもこうにも
改善しない関係は世の中にごまんと、
そこらへんに転がっています。

互いに相手を知る気があれば
何かしら通じるものもあり
「話す」ことが可能な場合も
あるかもしれませんが

いやいや、もう相手との関係は
消滅してもいいと思っていれば
どうしようもないこと。

その段階で「切れて」ますから。

「話せばわかる」が誰にでも通じれば
そもそも戦争なんか起きはしない。

「話せばわかるって」と言い
無理矢理両者を話し合いの場につかせて
話してもわからなかったらどうするんだろ。

そこまで考えて
モノを言うなら言う。

話せばわかると思って、
それを他人に押し付ける人ほど

このことを話してもわからないんだろうなと
ひとりごちてみる。

画像のような美味しいものとは
話さなくてもわかりあえるんだけどな(笑)

◆“LINE公式アカウント”をやっています。
こちらではぼちぼち発信しています。
“LINE公式アカウント”からの各種お問合せもOKです!
https://bit.ly/3yPJecV

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る