ブログ

Yesを言うことで止まっている自分を動かしてみませんか。

シドニーで仕事をしていた頃のお話です。

上司や同僚のオーストラリア人に
何か質問された後、
よくこのように聞かれていました。

「Yoshiko, Yes or NO?」

Yes か NOしかないんか?

「Well(えっと~)…」と言おうものなら

人差し指で“ちっちっちっ”と(笑)

そのうちに私は即決で
Yes か NOを言うようになりました。

というよりも、
Yesが圧倒的に増えていきました。

Yesって言わせるように
仕向けられていたような気もしますが…。

Yesと言ったからには
やらなきゃいけないわけです。

でも、Yesと言ってしまったがゆえに
ひょえ~ということも
たびたびあったりしましたが

ひょえ~を通り越して
ぎょえ~っのエピソードをご紹介しますと、

オーストラリアの大学の
MBA課程で教えているオーストラリア人教授に
取材するというのがありました。

えむびーえー。

日本語でさえも、冷や汗もののムーリー案件。

こればかりは、Yesを言った後に
「あ、うそ、うそ、無理だから。
マジで無理。
ごめん、やっぱり、それはNo」と言いましたが…。

After the festival。

誰か訳して(笑)

もうあの時ばかりは、
人生初の猛勉強でして…。

自分の英語がおかしくないか、
インタビューする内容を
オーストラリア人に添削してもらったりして
もう必死のバッチ!!!!!

なんとかかんとか
無事に終わりましたが、
自分にとってちょっとした自信になったのは確かです。

Noと言ったら自分の身の上には
想像を超えることは
起きないと思うのです。

Yesといって、やーめーてーということも
多々ありましたが

おおむね、良かったことが多かったように思います。

Yesを言えば、止まっていた物事が
何かしら動くような気がします。

なので、停滞してるな自分という方は

誰かからのお誘いにYesを。
(もちろん嫌いな人でない場合ですが(笑)

自分の人生は自分で作っていくものですので。

✨【後悔を減らすためのご案内】✨

新年に取り組みたいと思っていることの
ひとつが「終活」のあなたへ。

お気軽にご一緒してみませんか。
来年1/21(金)13:30-15:30
『みんなで一緒に書くエンディングノート講座』を開催予定!(残席3)
by Zoom

詳細・お申込みは↓
https://bit.ly/3Gi1A8O

現在、日本郵便の
「郵便局のみまもりサービス」会員サイトで
終活記事の連載を担当しており、
エンディングノートの書き方の記事を公開中です。

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る