ブログ

自分をどういう環境に置くかはあなた次第です。

自分をどういう環境に置くかは
とても大事なことに思えます。

自分にとって耳触りの良いことを
言う人たちばかりのところにいるのか。

時にビシっと本音で言ってくれる人たちが
いるところに身を置くのか。

これは大きいと思うのです。

自分の話で恐縮ですが

私は23歳で「海外で働きたい!」という
夢を叶えるためにシドニーへ向かいました。

時はバブルが右肩あがりの時期。

友人たちはバブルの恩恵にあずかりまくりで
毎晩、パーリーピーポーになっていた人も。
世の中も浮かれまくっていた感じです。

思うのですけれども
あのまま私は日本にいたら
骨の髄までバブルバブルで
うっひょ~ラッキー!と
毎日、遊びまくっていたことでしょう(笑)

もうズブズブだっただろうと(笑)
↑ 自分のことは自分でわかりますー。

そんなキラキラした時を
過ごしている友人たちを横目に

ネイティブでもない英語で
バイトからはじめて、
電話越しの英語が恐怖の日々。

オーストラリア人のママが持たせてくれる
ランチはサンドイッチと小さなリンゴ。
(これが通常運転です)

アジア人という人種差別を時に感じながら
トヨタやホンダの車を見て自分を鼓舞。

仕事で移動していると

バブルでどどっとシドニーに押し寄せる
日本人観光客たちが
ハイブランドショップに
吸い込まれていくのが目に入り
おぉ、すごいな~と
思っていたものです。

そんなキラキラとは真逆で
編集者という仕事柄
残業に次ぐ残業で

シドニーにいながら
這いつくばるようにして生きていた日々。

バブルのおいしいところを
まったく享受できなかった代わりに

シドニーの5年間で
私が得たものは何だったのだろう?

とふと思ったのです。

いろいろ出てきますが、その一例を挙げると

好きなものは好き

嫌なことは嫌 

そうはっきりと伝えるトレーニングが
できたように思います。

行間を読んでくれ~
雰囲気で察してくれ~
というのが通じない世界。

こちらがそう言うから
相手もそういう感じで言ってくれる。

シンプルですよね。

そして、「がむしゃらに生きる」
ということを体感しました。

まだまだたくさんありますが

今、あの頃と同じことをしろと言われても
いやいやいや~無理です。

あの時だったらできたこと。

だとしたら、
今だからできることもあるはず。

さてさて、
どういう環境に自分を置きましょうか。

それも自分で選べること。

ということで、みなさーん
Have a good Sunday!

facebook

フォロー・友達リクエストはお気軽にどうぞ。

関連記事

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る