鹿児島

  1. 季節の花々とハーブに囲まれてずっと佇んでいたくなる“ダマスクの風”@鹿屋(鹿児島県)

    バラの女王と言われる「ダマスクローズ」からその名をとった鹿児島県鹿屋市にある有機無農薬のフラワー・ハーブガーデン“ダマスクの風”。念願かなって足を運んだけれども台風の被害をかなり受けたようでお花が少なく、木々もかわいそうな感じでした。

    続きを読む
  2. 手軽に鹿児島市内観光を楽しみたい方は鹿児島中央駅から“カゴシマシティビュー”へ即乗車!

    鹿児島市内では、レトロな路面電車風のバスや海とイルカをイメージしたバスをよく見かける。それは、“カゴシマシティビュー”という周遊バスだ。鹿児島中央駅を発着点に鹿児島市内の主な観光スポットを巡ることができる。鹿児島に住んでいるし観光地はまあまあ知っている。

    続きを読む
  3. “半端ない”戦い方ってこういうこと!そして地元のヒーロー大迫選手にも大きな拍手を!

    私が初めてサッカーの試合をフルで見たのは2009年のお正月だった。父が「万世出身の大迫クンっていう子が全国高校サッカーに出るって!」というひとことで。それは、今年の流行語大賞にもなりそうなあの「大迫半端ないって」の試合だった。

    続きを読む
  4. “お料理”と“セルフマガジン”の意外だけれども実はとても似ている件。

    「作ったことがないけど作りたい!」という料理があるとして。そんなとき、あなたは何から準備するだろうか?なんとなく、大きいお鍋?とか。たぶん、玉ねぎ?とか。いやいや、普通ならまずは“レシピ”を手に入れるだろう。

    続きを読む
  5. 普通の麺で物足りないなら自家製「極太麺」がウリの“ジャンゴ”へ@鹿児島市

    無性に「太麺」を食べたくなって前から狙っていた“ジャンゴ”へ。この店はつけ麺で知られているので迷わず「つけ麺 並」(750円)を。それが上の画像。自家製麺の「極太麺」だけあって、そのもっちり感はハンパない!それを濃厚魚介スープにつけてズズっと食す。

    続きを読む
  6. 【鹿児島】7/18(水)セルフマガジンの作り方集中講座+個別アドバイス開催!

    セルフマガジンの青写真とともに「私も作れる!」という確信を手にしてもらうそんな講座です!1年間、各地で開催してきた従来の2時間講座を、より実践的なワーク付き①“3時間の集中講座”としてリニューアル!講座終了後、希望者には②“個別アドバイス”もいたします(料金別...

    続きを読む
  7. 人生を変える“きっかけ”は待っていてもやってこない。自らつかみに行かなくては!

    起業しているといろいろなことでドツボにハマりがちだ。自分なりにやってはいるけれども、これでいいのか悪いのかがよくわからない。または今ひとつぱっとしない。イベントや講座を一人で運営するのは苦手で、誰かと一緒じゃないと勇気がない。

    続きを読む
  8. この場所でこんなにモダンなイタリアンが食べられるなんて!@トラットリアシン(霧島市・鹿児島)

    鹿児島市から車で1時間弱の霧島市に本格的なイタリアンがあると連れていってもらったお店『トラットリア シン』。こういう場合、誰に案内されたかはとっても重要。

    続きを読む
  9. 宣伝材料として使用する写真は、妙に作られた写真ではなく臨場感溢れるいつもの仕事風景を!

    サイトやセルフマガジン、パンフレット制作等に使用する“仕事風景”の写真について、時々、違和感を覚えるものを目にすることがある。上記の画像は、私の初のセルフマガジン“Restart vol1”用に撮影した写真だが、左側はカフェで撮影したもの、右側は自宅で撮影したものだ。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る