親子で終活

  1. 親からの相続について考えたこともないあなたへ。

    そもそも“相続”なんて自分にはまだまだ関係ない。そう思っている人も多いと思いますし実際に、私自身もそうでした。けれども終活カウンセラーなので多少なりともその知識は持っています。

    続きを読む
  2. 梅干し作りを手伝いながら、“親子の終活”を実践!

    実家に帰ったら、タイミングよすぎるぐらいに「梅仕事」の手伝いが私を待ち受けていました(笑)梅干しの最終工程である漬け込む手前の「塩漬けした梅の水切り」と「シソを洗って干して水切りする」という仕事です。

    続きを読む
  3. 離れて暮らす親に終活の話を切り出す前にやっておきたいコト。

    親と離れて暮らしている人も多いと思います。親が高齢になるにつれ親に対しての心配ごとが増えていきながらも現実的には離れて暮らす今の自分にはできることが少ないというジレンマを抱える方も。

    続きを読む
  4. 親に「終活をしてほしい」と思っているあなたへ。

    「うちの親にも終活をしてほしいんですけどね…」というお話をよく耳にします。私が終活カウンセラーだからというのもあるのですが…。皆さんはいかがですか?皆さんの親御さんは、終活されていますか?終活という言葉が初めて出たのは2009年と言われています。

    続きを読む
  5. “終活”という言葉を越えて私が伝えたいこと。

    「私が思っていることを家族に伝えるね~。伝えることが大事だと教えてもらってよかった」と声をかけてくださった高齢の女性がいました。昨日、鹿児島市(郡山)で終活のお話をさせていただいた後のこと。

    続きを読む
  6. 夫にもエンディングノートを書いてもらいたい~日曜だけどちょい真面目~

    夫にも書いてもらいたい。夫とも話をしながら書きたい。というご感想は、一昨日オンライン(ZOOM)で開催した「実際に書く2時間!エンディングノート入門講座」を受講してくださったお二人から出たものです。

    続きを読む
  7. 親にエンディングノートを書いてほしいけど…で止まっている方へ~親子で終活~

    私事になりますが2か月前に大分に住む義母が脳梗塞で倒れ意識不明のまま入院中です。そして、89歳になる義父は義妹宅で過ごしているという状況。私たち夫婦は大分在住のこの両親に2年ぐらい前にエンディングノートを渡していました。

    続きを読む
  8. 高齢の親に貴重品の保管場所を尋ねる方法~親子で終活~

    高齢の親を持つと、元気なうちに尋ねておきたいことがあります。例えば、重要な書類(通帳、証券、契約書)や印鑑などは、どこに保管してるのか?ということもそのひとつです。

    続きを読む
  9. 満席御礼!【8/12(水)ZOOM】実際に書く2時間!私のエンディングノート入門講座開催。

    この講座は満席により 募集を締め切らせていただきました。エンディングノート講座に 興味のある方は以下からお問合せください。→こちら。「終活に興味があるけれどもなかなか…」という方にぴったりの講座をオンライン(ZOOM)で開催します。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る