親子で終活

  1. 思っているだけで実行に移さなければ意味がない。“親子で考えたい終活~思いを伝えていますか?~”

    ブログを3年間毎日更新し続け「3年もよく続いたな~」と感慨にふけっていた9月のお話(笑)。ネット検索からブログ、そしてサイトを見ていただいた佐賀新聞サービスのご担当者様から終活の講演依頼のメールをいただいた。

    続きを読む
  2. 【親子で終活】親の生活や健康状態、気持ちに寄り添うことから始めてみませんか?

    エンディングノートに関するテレビ出演や終活の講演依頼などがあり、ここ最近、そのことを考える時間がいつも以上にある。終活に関することでよくテーマになるのは「親子で終活」ということ。親子で終活についてあれこれと語っている人達は少ないのが現状。

    続きを読む
  3. 【親子で終活】「そのうちに」という猶予が永遠にあるなら終活なんていらない。

    親の終活について、親子で話すのがなかなか難しい。そういう話をよく耳にする。「そういう話をするのは縁起でもない」という親もいる。そしてそもそもおめでたいことでもないので喜んでする話でもないので子供としてはなんとなく、「そのうちに」とつい後回しにしがち。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る