編集者

  1. セルフマガジンを作る前に知っておきたい大事なポイント!~雑誌作りのプロデューサー編集者の視点~

    名刺やフライヤー、リーフレット、個人起業家のビジネスツール「セルフマガジン」などを制作するときに気をつけたい共通のポイントがいくつかありますがなかでも、今日はとても大事なことを先にお伝えします。それは、内容とデザインがはっきり決まってから材料を集めるということ。

    続きを読む
  2. 前だけを見ることも大事だけど原点を思い出すと軸が固まることもある。

    物事に対する自分の原点を思い出すことは自分ひとりではなかなか難しいことのように思います。私の場合は、編集者の原点となりますが。

    続きを読む
  3. 自分の“売れる強み”に私はどうやって気づいたのか?

    私が一番長く続けている仕事は編集業です。トータルで25年ぐらいやっているので好きな仕事なのだと思います。4年ぐらい前まで、「編集者=雑誌や書籍を作る」という構図しか頭になかった私ですが、今、それ以外に講座やセッション、講演をしたりしています。

    続きを読む
  4. セルフマガジンの制作を検討しているならまずはこれから考えてみませんか?

    先日の終活講演でもセルフマガジンは大活躍でした。その後、FACEBOOKで「講演をききました」ということで友達申請をいただいたり、LINE公式アカウントのほうにも登録してくださる方々がいたりとじわじわくる感じがしています。

    続きを読む
  5. “やりたいことがわからない”と足踏みをしている人に試してほしいこと。

    何かやりたいと思っているけれどやりたいことが何なのかわからなくて…。だから、動けない。という話をよく耳にします。それ、とてもよくわかります。私もそうだったからです。しかし、それで動けないというのは時間ばかりが経過して何得? 誰得? にもならないという。

    続きを読む
  6. セルフマガジンの次はぜひ“ファミリ―マガジン”を!~作っちゃいました“櫻木家だョ!”~

    紆余曲折を経てやっとのことで全12ページ(A5サイズ)のファミリーマガジン“櫻木家だよ!”ができあがりました!(タイトルの次に「全員集合」ってないの?というツッコミがあるかもなと思いつつ 笑)3年前の祖母の33回忌を記念してファミリーマガジン制作がスタート。

    続きを読む
  7. 同業他者と一緒にお仕事。あなたは引き受けます?それとも断ります?

    現在、別の編集者と一緒にある仕事を手掛けています。ま、同じ編集者なのでスムーズに進むだろうと思いきや…です。これまでにお互いが制作してきた媒体が違い過ぎました。

    続きを読む
  8. 限定10名のコラボお話会の前に、占い師・ほしみんと編集者・櫻木の共通点を探してみたの巻。

    占いで47都道府県を制覇した売れっ子占い師の“ほしみん”こと星見かおるさんと編集者の私のコラボお話会が8/31(土)夏休み最後の日に(大人はあまり関係ない?)鹿児島市で実現することになりました。

    続きを読む
  9. あなたの内側にお宝は眠っていませんか?

    4年ぐらい前までのグダグダだった時期のお話です。すでにフリーランス編集者として仕事はしていましたが私は、かなり行き詰っていました。

    続きを読む
  10. “好きを仕事に”は特別ではなく、振り返るとこれまでに経験してることかも。

    「好きを仕事に」ってちょっと特別だったりなんだかそれは難しいことと捉えていませんか?自分を振り返ると実は「好きを仕事に」してたということもありそうです。これまでの私自身を振り返ると結果的に「やりたい!」と思う仕事だけをしてきたなーと。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る