桜島

  1. 歴史的災害は「いつか起きたこと」ではなく、私達が生きている「今」にも起きること。

    年表に掲載されるような歴史的な災害は自分が生きているうちには起こらないだろうと思いがち。しかし、私は今は亡き祖母から「桜島大噴火」の話を聞いたときにええっ? まかさそんなことが起きたの?とものすごく驚いたのを覚えている。

    続きを読む
  2. 北海道の“大雪”と桜島の“灰”のどちらがマシか?~“ドカ灰”襲撃に思う~

    「え? 火山の麓に人々が住んでいるって怖くないの?ありえない!!!」と外国人の友人に言われたことがある。それが当たり前の私にとってそういうリアクションが珍しく、「そう言われたら、そうか~」と思ったことを覚えている。

    続きを読む
  3. 震度5の地震が起きたとき、あなたの備えは万全ですか?

    今日のお昼前、パソコンで仕事をしていた私はグラっと突き上げるような大きな揺れを感じた最初の一瞬、「え? 桜島の爆発?」と思った。“揺れ=桜島の爆発?!”という構図が鹿児島市民には少なからずあるかもしれない。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る