感情

  1. 腹の立つことや悲しいことが起きた時、その感情にどう対処しますか?

    自分にとって良くないこと、例えば、怒りや悲しみといった感情がこみ上げる出来事が起きたときに人は2つのパターンの分かれるように思います。

    続きを読む
  2. SNSの投稿やブログを書くときにちょっとだけ意識したいこと。

    皆さんがSNSに投稿したりブログを書く時、どういう気分で書いていますか?いきなりの質問ですけれども(笑)このときの自分の気分ってけっこう大事だと思うのです。なぜか?というとその投稿や記事に自分の気持ちが乗り、それが読む側にも伝わる感じがあるから。

    続きを読む
  3. 感情を出す発信をする場合、より多くの人に共感してもらうには。

    SNSで発信する際、自分の感情を書くことが多い人もいます。嬉しかった。楽しかった。腹が立った。悲しかった。というように。読み手の共感が欲しくて感情を書く場合もあると思いますが書いても共感を得られないことがあります。

    続きを読む
  4. 個人起業者が作業パフォーマンスを上げるために気をつけたほうが良いこと。

    生きていれば、いろいろなことがあります。唐突になんだか説教じみた始まりになってしまいましたが(笑)個人起業していると波に乗っているときもあればそうでないときもあります。SNSでの投稿の反応が良かったりもちろん、その逆もあり。

    続きを読む
  5. カスタマーセンターのオペレーターは常に心地良く安定のサポートかというと、さにあらず。

    PCのセキュリティトラブルで大手通信会社2社のカスタマーサポートの方たち、トータル5人とお話する機会がありました。

    続きを読む
  6. あなたという“人”をもっと知ってもらえるブログ記事の書き方

    ブログを書くときに私が意識していることがある。それは「自分の気持ちが動いたこと」を書くということ。嬉しかったこと。楽しかったこと。感激したこと。感動したこと。イライラしたこと。すっきりしないこと。とまどうこと。悲しかったこと。がっかりしたこと。

    続きを読む
  7. 最初からウマが合う人と良好な関係が続くと思ったら大間違い。それは誤算の可能性もアリ。

    誰かと親しくなったら、その関係が居心地よくなってそれがそのまま続くというような気がするときがある。続いてほしいという願望も含まれるのかもしれないけれども。しかし、どんなに良い人間関係でも長年続くというのは本当に数少ない。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、売れる強み発見コンサルタント、
上級終活カウンセラー。 鹿児島市在住。

・最初の一歩が踏み出せない。
・自分の強みがわからない。
・ブログ記事に自信がない。


そういう悩みを抱える個人起業主や
好きなこと・できることを仕事に変えたい方のサポートに力を入れています。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る