同業他者

  1. 同業他者と一緒にお仕事。あなたは引き受けます?それとも断ります?

    現在、別の編集者と一緒にある仕事を手掛けています。ま、同じ編集者なのでスムーズに進むだろうと思いきや…です。これまでにお互いが制作してきた媒体が違い過ぎました。

    続きを読む
  2. 同業他者が気になるのはなぜなのか、考えたことがありますか?

    同業他者はいろいろな人がいるけれど同業他者がいても悲観することはどこにもないといつも思う。特にそれが異性だったら私は嬉しい!男性が同業他者だったら俄然やる気が出る。ターゲットの多くが女性の場合女性であることが強味になることもあるから。

    続きを読む
  3. 同業他者との差をつけるには事前告知やPOPも大事!それでも差がつかない場合は?

    あるイベントへ足を運んだときのこと。そこには、アクセサリー、植物、雑貨、日用品、飲食物などいろいろな出店がにぎやかに並んでいた。私たちはそこで喉が渇き、どこのコーヒーが美味しいのだろうとあたりを見回し、迷ってしまった。

    続きを読む
  4. お客さんに同業他者の悪口を言っていませんか? お客さんはせっかくあなたを選んでやってきているのに。

    例えば、何らかのセッションを受けるとき、そのカウンセラーが同業者の悪口を言うときがある。その必要がどこにあるのか?と、そういう話を聞くたびに思う。客がカウンセラーに「Aさん(別のカウンセラー)ってどうなんですか?」と尋ねて、カウンセラーがAさんについて私感を述べる場合。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る