仕事

  1. 判断を迫られたときに思い出すべきは、自分が持ち合わせている時間とエネルギーのこと。

    先だって、ある仕事を打診されました。ちょっとがんばればできる仕事である程度のギャラも見込めるもの。ただ、おそらく不定期な時間的拘束が予測されるであろうことや他にも今の状況でこの仕事はちょっときついなと…。ということで、早めにお断りしました。

    続きを読む
  2. 「仕事のことばかりを書こうとしてブログを書けなくなる」から脱出する方法

    ブランディング応援セッションの中で「仕事のことをたくさん書かなきゃいけないと思うとブログが書けなくて」というご相談が時々あります。いやいや、それは行き詰りますって。でも、そのことで悩む人は意外と多いのだということをセッションを始めて知りました。

    続きを読む
  3. 自分のサービスがなぜパッとしないのか、他に移る前にその理由を検証してみませんか?

    起業している人の中で自分の仕事がいまひとつパッとしなければ「他に何か別のサービス(仕事)がいいのでは?」と思う人も少なくありません。もちろん、それは私もよくわかります。かつての自分がそう思いがちだったので。当時、やるべきことをまったくやっていなかった私です。

    続きを読む
  4. ブログが書けないって、もしかして仕事ネタばかり書こうとしていませんか?

    起業している人、起業しようとしている人から「ブログがなかなか書けない」という話をよく聞く。さらに詳しく聞いていくと「仕事のことを書かなければいけない」と思っている人が多いように感じる。

    続きを読む
  5. 最初の動機が不純でも、結果よければすべて良しだと思うのは甘いでしょうか?!

    何かを始めてそれが仕事となったとき最初の動機が不純だったとする。例えば、ヨガの先生がかっこよくてそのままヨガを習いつづけていたら結果的に、ヨガのインストラクターになったとか。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る