ネタ

  1. 他の人とブログネタがかぶりそうになる場合、あなたはどうしますか?

    ブログで自分が書こうとしたネタを他の人が記事にしてるときがあります。そういうときにたまーに遭遇するのですが、その場合、皆さんはどうしますか?他の人に書かれてしまったからもう書かない。または、少し時間を置いて書く。私は後者です。

    続きを読む
  2. 「これを書いたらどう思われるか?」と気になるときに立ち戻りたい自分の原点。

    ブログやツィッターなどで「これを書いたら、人からどう思われるか?」と一瞬、とまどう時はありませんか?躊躇して書けないネタや書かない一文などはないでしょうか?私は書きながらときに一瞬ひるむことがあります。そういうとき、「あ、そうか。

    続きを読む
  3. 自分の中にあるブログのネタを探し出す方法!

    ブログを書くときに「ネタ探し」で頭を悩ます人も多いと思います。私も毎日更新するなかでネタに息詰まることが時々あります。「自分の中にネタはたくさん埋まっている」はずですが、どういうネタが喜んでもらえるだろう?などと考え始めると、ついついドツボにはまってしまいます。

    続きを読む
  4. 「ブログには仕事に関係するネタばかりを書くべき?」に答えてみる。

    私なりの答えを書くとノーです。タイトルのソレは、私が開催するブログ講座でも頻度の高い質問です。他のブログセミナーやブログの個別セッションを受けて「仕事のネタばかりを書きなさい」と言われた方が意外と多いという。

    続きを読む
  5. 「ブログを書く=思考する」という感覚がわかるとブログを書くのがさらに楽しくなる!

    最近、ただ仕事のためだけにブログを書くという感覚がぐっと減りました。ブログを書くことで自分のことをいろいろと考えたり思考が整理されるということを体感することが増えてきているからです。例えば、昨日書いた記事。

    続きを読む
  6. ブログはテレビ番組と一緒。偏ったネタ(番組)ばかりじゃ飽きられてしまうからネタを工夫しよう!

    ブログを書くことがものすごく大変で堅苦しいことだと感じている方が多いなというのが私が最近特に感じていることです。しかも、いわゆる“仕事ネタ”ばかりを書かなければならないという呪縛にとりつかれている人がなんと多いことか。

    続きを読む
  7. 思わせぶりなブログ記事タイトルはやめてね。中途半端な内容だとがっかりしすぎるから。

    ブログで“お役立ち記事”を書くと読まれやすいということで、お役立ち記事を書く人も多い。しかし、タイトルで一瞬お役立ちと見せていながら、記事を読むと中途半端な内容のものをよく見かける。記事を読んでみてあ~、残念ということもままある。

    続きを読む
  8. 「育児の真っただ中ですが、ブログのネタは何を書けばいいですか?」に答えてみる。

    育児をしながら起業してブログで発信する大事さもわかっているつもり。けれども、育児に追われてブログのネタがなかなか思い浮かばない。書けるとしたら育児についてのことばかり。けれども、やはりそんなことばかりではよくないと思ってブログを書くのが遠のいてしまう…。

    続きを読む
  9. ブログが書けないって、もしかして仕事ネタばかり書こうとしていませんか?

    起業している人、起業しようとしている人から「ブログがなかなか書けない」という話をよく聞く。さらに詳しく聞いていくと「仕事のことを書かなければいけない」と思っている人が多いように感じる。

    続きを読む
  10. ブログの毎日更新を3年間続けた私なりの7つのルール。

    ブログを毎日書き続けて今日で3周年を迎えた!きっかけを得て、ブログを書き始めたときは1週間も続くかな?というぐらいな感じで、周囲にブログを書いていることすら言えずにいた。1週間、1か月と毎日書くことで自分なりに「書いていけるかも」という感覚に変わったような気がする。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業コンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る