タイミング

  1. 何かを判断するときに持ち合わせていたほうがいい心構えとは。

    今日は「判断する」基準についてひとつの例を書いてみたいと思います。例えば、複数のメンバーで何かひとつのプロジェクトを一緒に進めていく場合。なぜか、物事がスムーズに運ばないということがありますよね。

    続きを読む
  2. 「私も何かできそうな気がする」という想いは大事に。それはあなたの種火になるもの!

    いろいろと迷っていて「よし!これをやってみよう!」ということすらも決まっていないとき。

    続きを読む
  3. 本当に収入を得たいならタイミングを待たずに即行動!仕事をする気も必要もないなら思い切り遊ぼう!

    「もっと収入を得るために動きたいんです…」「集客したいんです~」と言いながら「あの資格を取るまでは」とか「子どもが卒業するまでは」とかいろいろな言い訳をして動かずにいる人いませんか?でも、飲み会やパーティーなど楽しいことにはガンガン参加するみたいな。

    続きを読む
  4. 「人は人」「自分は自分」変化のタイミングを誰かに合わせる必要などどこにもない。

    自分の周囲の人がどんどん変わっていこうとしているから、私も変わらなきゃ。って、そういう必要はないと思う。「変わる」ということはブームじゃないから。「変わる」ということはファッションでもない。「変わる」という行為が偉いわけでもない。

    続きを読む
  5. 完璧でなくても走り出すぐらいの勢いが、時にはチャンスをつかむ。

    「これをやってみたら?」と自分では思ってもみなかったことを他人から勧められたときに、あなたはどうしますか?①「いえいえ、まだそんなことできません~」と何かしらの理由をつけて断る。②「え? そう? ちょっとやってみようかな?」と前向きに検討する。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る