セルフマガジン

  1. セルフマガジンを作る前に知っておきたい大事なポイント!~雑誌作りのプロデューサー編集者の視点~

    名刺やフライヤー、リーフレット、個人起業家のビジネスツール「セルフマガジン」などを制作するときに気をつけたい共通のポイントがいくつかありますがなかでも、今日はとても大事なことを先にお伝えします。それは、内容とデザインがはっきり決まってから材料を集めるということ。

    続きを読む
  2. 【ZOOM初開催3/27(金)】集客の強い味方!セルフマガジンの作り方集中講座

    セルフマガジンの青写真とともに「私も作れる!」という確信を手にしてもらう講座です。これまでは各地で開催していましたが今回は初のZOOMを使っての講座となります。

    続きを読む
  3. セルフマガジンの制作を検討しているならまずはこれから考えてみませんか?

    先日の終活講演でもセルフマガジンは大活躍でした。その後、FACEBOOKで「講演をききました」ということで友達申請をいただいたり、LINE公式アカウントのほうにも登録してくださる方々がいたりとじわじわくる感じがしています。

    続きを読む
  4. 自分を知ってもらう発信ツールに「紙媒体は不要」という方に今一度確認してほしいこと。

    SNSでの告知や集客がメインの昨今ですが自分のサービスのターゲットを考えたときそれだけで大丈夫ですか?ターゲットとなりうる人たちはSNSを頻繁に見るような人たちですか?年齢的なものは?もしかしたら、日本、または世界へ向けて発信するより、自分のターゲットは近...

    続きを読む
  5. “やりたいことがわからない”と足踏みをしている人に試してほしいこと。

    何かやりたいと思っているけれどやりたいことが何なのかわからなくて…。だから、動けない。という話をよく耳にします。それ、とてもよくわかります。私もそうだったからです。しかし、それで動けないというのは時間ばかりが経過して何得? 誰得? にもならないという。

    続きを読む
  6. 【12/10(火)札幌1日目】「集客の強い味方!セルフマガジンの作り方集中講座」開催

    セルフマガジンの青写真とともに「私も作れる!」という確信を手にしてもらう講座です。参加費 は15000円(税別)/3時間。無料特典として、構成内容などマガジン制作に関することなら何でもOKな個別相談付き(別途30分)。

    続きを読む
  7. セルフマガジンの次はぜひ“ファミリ―マガジン”を!~作っちゃいました“櫻木家だョ!”~

    紆余曲折を経てやっとのことで全12ページ(A5サイズ)のファミリーマガジン“櫻木家だよ!”ができあがりました!(タイトルの次に「全員集合」ってないの?というツッコミがあるかもなと思いつつ 笑)3年前の祖母の33回忌を記念してファミリーマガジン制作がスタート。

    続きを読む
  8. あなたの営業ツールはSNSだけで大丈夫ですか?

    仕事の営業や集客となるとブログやサイト、FACEBOOK、ツィッター、インスタグラムといったSNSを駆使してがんばっている方が多いと思います。

    続きを読む
  9. 「この場所で販促ツール用の撮影を!」という時に、まずやるべきこと。

    みなさん、プロフィール写真や仕事をしてるときの写真をいろいろな場所で撮影していると思います。絵になるカフェやホテルのラウンジとかで撮影するのがいいということもあると思います。そういうときはどうすればいいでしょうか?まずはお店の代表者に尋ねてみるとことです。

    続きを読む
  10. あれこれ迷っているなら、「これならできそう!」(低ハードルがベスト)をまずは探してみて。

    3年半前、私がリスタートしたきっかけは、「これならできそう!」と思えるものが見つかったからです。好きを仕事にするかさこ塾塾長のかさこさんのセルフマガジン5に“かさこ流セルフブランディング術11カ条”が私のソレでした。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

個人起業ブランディングコンサルタント、編集者、上級終活カウンセラー。鹿児島市在住。
・最初の一歩が踏み出せない。 ・自分の強みがわからない。 ・ブログ記事に自信がない。 そういう悩みを抱える方をサポートしています。
編集者として培った「他者目線で売れるポイントを見ぬく」スキルをいかし、個人向けのブランディングコンサルティングやブログ講座、ブランディング講座を各地で開催(コンサルティングはオンラインでも実施中)。
個人起業家に役立つ集客ツール“セルフマガジン”制作もデザイナーと組んで制作を請け負う。
一方、人生の後半を有意義に過ごしたい、家族に迷惑をかけずに終焉を迎えたい方や、そういう方々をサポートする地方自治体や新聞社、葬儀社等に向けて、“終活の案内人”として講演・講座・執筆活動も行っている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る