セルフマガジン,編集者,鹿児島,東京

  1. たまには「狭い日本そんなに急いでどこへ行く?」でもいいじゃない?

    昨日は、鹿児島発東京行きの飛行機の出発が1時間半ほど遅れた。今回は仕事の打ち合わせでの上京だったのでアポを昨日にしていなくてよかったとほっとした。日本では電車だって、飛行機だってバスだってそんなに遅れることはない。

    続きを読む
  2. 悶々とする日々を打破するためには、日常から非日常に身を置くのもひとつの手。

    たまに東京にくると気持ちが軽くなる。圧倒的に外国人が多くて私には妙に居心地が良かったりする。何をしたって気にならない。新宿や渋谷駅界隈にいると、先を急ぐ足取りの人たちは他人のことなんてかまってられない…といわんばかりの歩き方をしているようにみえる。

    続きを読む

櫻木よしこのプロフィール



櫻木よしこ

編集者、ライター、上級終活カウンセラー、エンディングノート書き方講師、日本セルフマガジン協会副会長。鹿児島市在住。
ワーキングホリデーメーカーとして渡豪後、シドニーの出版社2社で編集者として5年間勤務。帰国後、東京にてフリーランス編集者として各種出版物に携わる。その後、鹿児島の出版社で副編集長を務めたのち、再びフリーランスとして活動開始。
現在はセルフマガジン制作アドバイスや関連講座、ならびにエンディングノート講座も開いている。


最近の記事

ブログカテゴリー

ページ上部へ戻る